42歳自営業、空き巣に入られPCとプレステに生活費30万円盗まれる

茨城県在住の42歳自営業の男性です。今から数年前、私の身にトラブルが起こりプロミスを利用する事になりました。当時は千葉市に在住する極平凡のサラリーマンで、唯一の趣味はゲームでした。

ある日、仕事が終わり自宅アパートに戻ったところ、どうも雰囲気が違うのです。それは締めたはずのドアが微妙に少し空いていて、嫌な予感が頭を過りつつも、玄関を開けたところ…。

最初はいつも通りの感じで、

「何だ私が朝急いでいて、玄関の鍵を閉め忘れただけか」

と思ったのもつかの間、廊下奥のリビングに入ると見事に部屋は荒らされていました。

テレビ台の下にあったPS4、最新ノートPCが消えていて、さらに机引出に隠していた現金30万円も見事になくなっていて、思わず体中の力が一気に抜けてしまいました。

本当はすぐに警察に連絡をするべきなのに、いざその状況になると気が動転するは、叫び声を上げたくなるわ、あれは盗まれていないかなど確認をして、結局は1時間ほど経ってやっと電話しました。

警察としては、単なる空き巣という事で、親身に心配する様子もなく、余計に頭にきたのですが、それより貯金もなくなり、今後の生活をどうするべきか悩んだ末、取りあえずプロミスなどを頼ろうと結論を出したのです。

少しの蓄えはありましたが、家賃、生活費、車維持費などを考慮すると、どうしてもお金が足りません。また狙われるのでは、という不安から一刻も早く、このアパートから引っ越したい気持ちがあったのです。

幸い、免許証や保険証は財布に入れっぱなしなので盗まれる事もなく、携帯も無事です。

既に上司にも空き巣被害を報告済みなので、仮にプロミスなどにお願いをして、本人確認の電話がきても対処できると考えました。

空き巣被害にあった、翌日にはスマホからプロミスに借金の申し込み手続きを行いました。最初は審査に通る自信があったのですが、即日融資といいながら審査に少し時間がかかり、大変焦りました。

平常時なら、一社に落ちても別の消費者金融で再度手続きするだけですが、この様な事態に巻き込まれると、冷静な判断はできません。

俺はとことんついていない星の下に生まれたんだ、と途方に暮れそうになった時、メールと電話連絡がやっと来たのです。

自動車ローンはありますが、他に借金もなく、踏み倒した経験などはもちろん皆無なので、審査は通って当たり前なのに、この時ほど緊張した時間はなかったです。

希望が20万円だったので、初回限度額40万円は嬉しい反面で、ここまで利用しない様に注意しようと、自分に言い聞かせました。多く借りると、それだけ返済も大変なのは明白です。

その後は、コンビニで直接現金を下ろした20万円を生活費として、何とかやり繰りする事ができました。金利は約18%なので、年間4万弱といった感じです。

会社に本人確認の電話が来たのかは、私は正直分かっていません。なぜなら、空き巣被害にあって、数日は会社を有休で休んだからです。

多分、この時に電話が来たと思いますが、報告済みの上司がうまく対応したのかも知れません。それと、プロミス側もプロミスと名乗らない、単なる在籍確認なので、知る由もありません。

まとめ

今なら空き巣被害に遭ったから、即消費者金融を利用しようとは思わないものだが、当時は本当にパニックでした。

友人や同僚に借りようという気が回らず、また空き巣に遭った事がバレルのが何か、恥ずかしかったのです。

でも、プロミスを利用して借りた金額を毎月返済していくと、段々と気持ちも落ち着きを取り戻します。

大金を引出に入れっぱなしにするのは、気の緩みがあった事や、どこかで自分は空き巣など無縁と高を括っていたから、そんな結果を招くのです。

当初は、返済をしろとメールや電話が来るのかと思っていたのですが、当然ながらそんな事は一度もありません。

毎月きちんと返済すれば、これほど良心的な借金をする方法もないと、考えが変わったものです。

関連記事

このページの先頭へ