海外で現金が足らず、キャッシング。日本円にして約4万円の借り入れ。

現在、香港に住む、34歳の既婚女性です。

キャッシングをした当時は、31歳、独身の時でした。

海外旅行にいく時、ホテルを予約して行きました。予約時にオンライン決済もしたと思っていたら、それは勘違いで、現地で支払いが必要でした。

ホテル代の支払いはぎりぎり手持ちの現金で足りたのですが、その後の交通費や観光・食事に使うお金などを考えると、まったく足らず、借りることにしました。

借りたのは少額ですが、4万円ほどです。

それまで、ローンで何かを購入したこともなく、一度も借金をしたこともなかったために、少々抵抗はありました。

しかし、ほかに手段がなかったため、ホテルの人にATMの場所を教えてもらい、キャッシングをすることにしました。

日本に帰ればお金はあるし、すぐに返せる、という状況だったため、借りました。もし日本に帰っても返すあてがないという状況だったら、借りる決断には至らなかったと思います。

帰国してから、平日に返そうと思い、カード会社に連絡をしたところ、指定の振込先に振り込むようにとのことでした。

会社の昼休みの時間帯に銀行に行ったら、大変な混雑でした。昼休みが終わってしまうといけませんので、すぐに返すことができず、その日はあきらめ、その翌日、また銀行へ行きました。

電話の手間、それから、銀行ATMへ行く手間などを考えると、今後はキャッシングはしたくないな、と思います。

また、ほんのわずかの間でも、少しではありますが金利を取られたため、これが長期間にわたる借り入れだったら・・・・・・、もっと高額の借り入れだったら・・・・・・、と考えると怖くなりました。

帰国すればすぐに払えるという状況だったために、家族や友達などには一切相談しませんでしたが、今後、万が一、お金がないためにキャッシングしたい、という考えを持った時には、友達に相談すると思います。「そんなことはしない方がいい」と止めてくれると信じています。

関連記事

このページの先頭へ