キャッシングの申込みの手続きについて

キャッシング・カードローンの申込みの手続きについて一般的な流れを説明します。

ここでは、インターネットからの申込みの場合で説明します。会社によって流れは若干異なりますが大まかな流れとして理解してください。

まずは申込み

まずは、キャッシング・カードローン会社のウェブサイトから「申込み」ボタンを押します。

すると、氏名、住所、生年月日、勤務先、年収、他社借入件数・金額、家族構成...などいろいろ聞かれるので正直に答えて(書いて)いきます。

ウソはダメです!勤務先、年収、他社借入状況はバレないだろうとちょっとウソをついてしまう人がいるようです。

しかし、そんなウソは、個人信用情報機関で簡単にバレてしまいます。なぜなら、個人信用情報機関は、貸金業者間で共有している情報をお互いに見ることが出来る仕組みだからです。新規ならまだしも他社に借金がある人は特に簡単にバレますから注意しましょう。というより正直に申告しましょう。

審査結果が来る

メールや電話で審査結果の連絡があります。平日の昼間なら30分程度で審査結果が出るキャッシング会社もあります。即日審査をしていない銀行カードローンなどでは2〜3日かかる場合があるので急ぐ場合は即日審査に対応しているかどうか確認してから申し込みましょう。お勧めは大手消費者金融です。

尚、知らない番号からの電話には出ない人がいますが、本人確認を兼ねて電話してくる場合がありますから知らない番号でも必ず出るようにしてください。でないと審査には通りません。

在籍確認

勤務先に本当に勤めているかどうか「在籍確認」の電話が勤務先に来ます。やはりウソをつく人がいるので在籍確認は必ず行われます。

営業だから会社にいないことが多い?いや、会社にいなくても他の社員が「いま席を外しております」「外出しております」と対応すればそれで在籍はしていると分かるのでOKです。

それと、在籍確認の電話で、会社や同僚にバレるのでは?と心配だと思いますが、在籍確認の電話は個人名で電話してくるので安心してください。ただ、いま時個人名で会社に電話してくる人なんていないので逆に怪しまれることもあります。そんなときは、「あ〜、クレジットカード作ったからその電話かな?」とかいってごまかしておけばOKです。

なお、土日や会社が休みの日に電話がかかってきても、在籍確認はできません。その場合は翌営業日にあらためて電話が来ます。在籍確認が完了しないと本契約になりませんが、土日でもどうしても今日お金が必要であると担当者に伝えれば、金額にもよりますが在籍確認の前に融資してくれる会社もあるようです。あくまでも可能性です。

本人確認書類提出

運転免許証やパスポートなどの本人確認資料を送ります。送付方法は郵送やFAXの他、携帯やスマホで撮影してメールや専用アプリで送れる会社もあります。

また、本人確認書類だけでなく、借入金額や審査内容によっては、源泉徴収票などの収入証明書類の提出を求められる場合もあります。キャッシング・カードローン会社によって提出する必要書類は異なりますが、50万円以下では本人確認書類だけでOKな場合が多いです。50万円超えの融資や個人事業主、法人代表者等は収入証明書類が必須になることもあります。

本人確認書類

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・特別永住者証明書
・外国人登録証明書
・在留カード

収入証明書類

・給与明細書
・源泉徴収票
・所得証明書
・税額決定通知書
・確定申告書

契約

審査に通ったら次に契約となります。

契約はパソコンやスマホで行う方法と、無人契約機のある会社だと無人契約機で行う方法が選べます。

パソコンやスマホで行う場合、ローンカードは後日自宅に郵送されてきます。また、当日融資を希望する場合はローンカードが届く前に振込みによる融資が可能な場合があります。2018年から振込は24時間可能になった銀行が多いので、何時でも振込による融資ができる場合があります(キャッシング・カードローン会社側、自分の銀行側双方が24時間振込に対応している必要あり)。

もし振込融資ができない場合、無人契約機で契約する方が早いです。無地契約機で契約するとその場でローンカードが発行されるので、すぐにATMで現金を引き出すことができます。また、家にローンカードや契約書が郵送されないので家族に内緒にしたい人も無人契約機を利用するといいでしょう。

このように、急がの場合、家族に内緒にしたい場合は無人契約機は便利ですね。ただ、無人契約機は大手消費者金融くらいしか準備していないので急ぎの場合は大手消費者金融(アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビット)に申し込むことをお勧めします。

返済

お金を借りた後は、返済が待っています。

返済は、口座振替にするのが忘れないので確実ですが、家族共有の口座しか持っていなかったりすると内緒にはできないので、そういう場合は、ATMで毎月入金するしかありません。

提携ATM

一度ローンカードを手にすると、その後の借入や返済はコンビニにあるATMでもできます。

そのカード会社の無人機でももちろんできますが、なかなか入りづらいものです。コンビニATMなら普通に銀行のカードを使ってるのと見た目は変わらないので堂々と使えますね。