キャッシングの返済について

金融業者各社は、利用者が無理なく返済できるように、いろいろな返済方法を用意しています。ここでは主な返済方法について解説します。

口座振替

毎月決まった日に、あらかじめ指定した口座から自動引落しされます。返済をうっかり忘れないためにも一番安心でお勧めな方法です。ただし、預金通帳に記録が残りますから、家族に内緒にしたい人は気をつけてください。

指定口座への振込

指定の銀行口座へ振り込みします。利用している支店により口座が異なる場合があるので事前に確認が必要です。

専用ATM

各キャッシングサービスの専用ATMから返済します。 多くは各社ホームページ上で設置場所を確認できます。店頭窓口にも大抵併設されていて、24時間365日利用が可能です。専用ATMの場合、ATM利用手数料は一般的には無料です。

コンビニエンスストア

ローソンやセブンイレブン、E-netなど、全国のコンビニに設置されたATMから返済します。コンビニなので、基本的には24時間365日利用可能です。ATM利用手数料がかかる場合もあります。

提携ATM

都市型銀行や信託銀行など、アコムが提携している金融機関などのCD・ATMから返済します。提携先金融機関は、大抵ホームページ上で確認ができるほか、CD・ATMに直接ステッカーが貼られ、利用可能であることが促されています。ATM手数料がかかる場合があります。

店頭窓口

店舗のあるキャッシングサービスでは、店舗で返済することができます。店舗の専用ATMから返済することもできます。

上記の返済方法は代表的な返済方法をまとめたものですが、例えばコンビニでの返済ができなかったりと会社によって用意している返済方法は異なります。自分が日頃利用しやすい返済方法が可能かよく確認してから申し込みましょう。

また、返済日や支払周期も会社によりまちまちです。ある程度決められた日から選択する、もしくは利用者が自由に毎月の返済日を決定できる場合もあります。