申込みの手続きについて

キャッシング・カードローンの申込みの手続きについて一般的な流れを説明します。

ここでは、インターネットからの申込みの場合で説明します。会社によって流れは若干異なりますが大まかな流れとして理解してください。

申込み

各キャッシング会社のウェブサイトから申込みボタンを押して申込みフォームに必要事項を記入して送信します。会社によって入力項目が違いますが内容としては大体同じで、氏名、住所、生年月日、勤務先、年収、他社借入件数・金額、家族構成...などです。

勤務先や年収、他社借入状況をうその申告をする人がいますが、個人信用情報機関で金融会社はお互いに情報共有しているのでバレる可能性が高いです。うそがバレると審査に通らないばかりか他社でも借りられなくなるので正直に申告しましょう。

審査結果を受ける

メールや電話で審査結果の報告があります。申込み時間や会社によっても異なりますが、早ければ30分以内に審査結果が来ることもあります。即日審査をしていない会社だと2〜3日かかる場合があるので急ぐ場合は即日審査に対応しているかよく確認しましょう。

尚、知らない番号からの電話には出ない人がいますが、本人確認を兼ねて電話してくる場合がありますから知らない番号でも必ず出るようにしてください。でないと審査には通りません。

在籍確認

勤務先に本当に勤めているか在籍確認の電話が勤務先にあります。会社にバレるのではと心配する人が多いですが、在籍確認の電話は個人名で電話してくるので安心してください。また、申込み本人が不在でも同僚などが「いま席を外しております」「外出しております」のように対応をすれば在籍していることになるので大丈夫です。

なお、土日や会社が休みの日の在籍確認はできないので翌営業日になってしまいます。ただ、どうしても今日お金が必要だということを伝えれば、金額にもよりますが在籍確認の前に融資してくれる場合もあります。

本人確認書類提出

運転免許証やパスポートなどの本人確認資料を送ります。送付方法は郵送やFAXの他、携帯やスマホで撮影してメールや専用アプリで送れる会社もあります。

また、本人確認書類だけでなく、借入金額や審査内容によっては、源泉徴収票などの収入証明書類の提出を求められる場合もあります。

契約

審査に通ったら次に契約をします。契約はパソコンやスマホで行う方法と、無人契約機で行う方法があります。パソコンやスマホで行う場合、ローンカードは後日自宅に郵送されてきます。また、当日融資を希望する場合はローンカードが届く前に振込みによる融資が可能な場合があります。ただ、振込みは銀行の振込み可能時間に制限されるので朝早くとか15時過ぎあるいは夜中だと振込みは翌営業日の扱いにってしまいます。

そんなときは、無人契約機が有利です。無人契約機では、その場でローンカードが発行され、そのカードですぐに借入をして現金を手にできます。どうしても急ぐ場合は無人契約機が便利ですね。ただ、無人契約機のない会社もあるのでよく確認しましょう。

また、無人契約機でカードを受け取れば自宅に郵送物は届かないので家族に内緒にしたい人にも便利です。

返済

返済は、毎月決められた日までにATMで入金するか、口座振替にしておけば自動的に引き落としされます。

提携ATM

一度ローンカードを手にすると、その後の借入や返済はコンビニにあるATMでもできます。そのカード会社の無人機でももちろんできますが、なかなか入りづらいものです。コンビニATMなら普通に銀行のカードを使ってるのと見た目は変わらないので堂々と使えますね。

タイプ別キャッシングの選び方

お急ぎの方 初めての方 金利が低い 専業主婦 無利息期間あり 最大限度額が高い 銀行カードローン おまとめ・借り換え レディースローン

関連記事

    キャッシングとは?

    キャッシングとは、一般的に消費者金融や銀行からローンカードを使ってATMで現金を借りることを言います。 キャッシングは、運転免許証など本人確認できる書類があれば保証人や担保なしでお金を借りる事ができます。また、融資までのスピードも早く、即日融資に対応している会社なら最短で申し込んだその... 記事を読む

    審査について

    キャッシングも申込みを行うと必ず審査があります。カードローンは申込者の信用をもとに無担保で保証人なしで現金が借りられるサービスなので、申込者がちゃんとお金を返済する経済力や資質があるのかどうか当然調べなければならないのです。ここでは、もう少し具体的にどんな部分を審査しているのか見ていきます。... 記事を読む

    限度額について

    ここではキャッシング・カードローンの融資限度額について解説します。 限度額 カードローンにおいて限度額とは、借入れできる最大の金額を示し、契約時に利用限度額などの表記で示される金額の事を言います。 カードローンの場合、限度額が50万円だと、その範囲内で何度でも借入れが行えます。 ... 記事を読む

    返済について

    金融業者各社は、利用者が無理なく返済できるように、いろいろな返済方法を用意しています。ここでは主な返済方法について解説します。 店頭窓口 直接店頭に出向いて返済します。 ATM 全国に設置された専用ATMから返済します。 多くは各社ホームページ上で設置場所を確認できま... 記事を読む

このページの先頭へ