キャッシングとは?

キャッシングとは、一般的に消費者金融や銀行からローンカードを使ってATMで現金を借りることを言います。

キャッシングは、運転免許証など本人確認できる書類があれば保証人や担保なしでお金を借りる事が出来ます。また、融資までのスピードも早く、即日融資に対応している会社なら最短で申し込んだその日に現金を受け取ることができます。急にお金が必要になったがいま手持ちが無いといった場合にキャッシングは大変便利です。

キャッシングの申込みは、一昔前は消費者金融の店舗や自動契約機に人目を気にしながら入って申込みをしましたが、現在は申込みはインターネットで、借入は振込みでというスタイルが主流になっています。だから、金融会社の担当者に一度も会うこともなくパソコンやスマホで申込みから審査、振込みまで済んでしまいます。

こうしたキャッシングサービスは、アイフルやプロミス、アコムといった消費者金融だけでなく、銀行もカードローンとしてサービスを展開しています。

クレジットカードのキャッシング機能との違い

クレジットカードにもキャッシング機能が付いていることがありますが、消費者金融や銀行カードローンとの違いは返済方法です。クレジットカードのキャッシングは通常翌月一括で返済しますが、消費者金融や銀行カードローンはリボ払いといって借入残高に応じて毎月決まった額を返済していきます。会社によって違いますが、例えば、10万円の借入なら毎月1万円ずつ返済、100万円の借入残高なら毎月5万円ずつ返済といったように決まっています。

なので、例えば1月に5万円借りた場合、毎月の返済金額は1万円ですが、更に5万円を借りて借入残高が10万円になっても毎月の返済額は1万円と変わりません。借入残高が5万より10万では返済回数は増えますが毎月の返済額は1万円と変わりません。家計への負担も増えないといったメリットがあります。


関連記事

このページの先頭へ