お店に行って申し込むの?

カードローンの申し込みはすべてネットで完結する場合がほとんどです。書類のやりとりもメールや一部郵送です。だからお店に行く必要はないので全国どこからでも申し込みができます。ネットは苦手っていう人もいると思いますが、そういう人は無人契約機に行って契約します。中には店舗も無人契約機もない銀行もあるので注意してください。基本はやはりスマホやパソコンで申し込みができるといいですね。

どんな書類が必要?

カードローンの申し込みで必ず必要な書類は「身分証明書」です。50万円以下の借り入れなら身分証明書だけで済む場合がほとんどです。身分証明書は免許証やマイナンバーカードです。健康保険証の場合顔写真が無いので他の書類も求められる場合があります。その他に、借り入れ金額が多い場合は収入を証明する書類が必要です。源泉徴収票や個人事業主の場合は納税証明書や課税証明書などです。これらの書類は写真に撮って送ればいいだけです。収入証明書は郵送が必要な場合もあります。

面接はある?

面接はありませんが、電話確認はあります。といっても本人確認と内容確認程度のもので電話で嫌な質問をされたりはしません。

家族にバレない?

身内や会社への配慮は最大限してくれます。ただ、契約書類については郵送になるケースが多く、自宅に届いたときにバレ可能性はあるでしょう。ただ、封筒だけ見てもカードローン関係の書類かどうかはわかりませんが、感のいい人ならアコムやプロミスなど封筒の送付元から勘付く人もいると思います。 そういうときは、消費者金融ではなく銀行カードローンに申し込むといいでしょう。銀行からの書類ならDMの場合もあるし、預金口座を作ったといってごまかすこともできますね。 中には郵送物を完全に無しにできるカードローンもありますから電話連絡のとき相談してみてください。また、会社には書類が届くことはないので安心してください。会社には本当にその会社で働いているかの在籍確認の電話がかかってきますが、個人名でかけてくるのでバレることはありません。

申し込んでからどれくらいで借りれる?

消費者金融のカードローンは平日の午前中に申し込めば特に問題なければその日のうちに借りることができます。カードローンはローンカードが後日郵送されてきますが(無人契約機に取りに行くことも可)、その前に振込で融資してくれます。申し込み当日に順調に審査を終え契約に至れば希望すればその日のうちに銀行振込で融資をしてくれます。ただ、銀行カードローンの当日融資は既に口座を持っているなどの条件が付く場合があります。急ぎなら消費者金融ですね。

申し込める人の基準はありますか?

会社によって異なりますが一般的に「安定した収入のある方」が対象となります。また年齢制限もあり会社によって多少の違いがあります。概ね20歳から65歳~70歳くらいの間であれば申込み資格があります。詳しくは申込する消費者金融や銀行のWEBサイトを確認しましょう。

学生は申込みできますか?

学生でもアルバイトをして安定した収入があれば申込みができます。

主婦は申込みできますか?

主婦でもパートなどで安定した収入があれば申込みができます。まったく収入の無い専業主婦の場合、消費者金融では借りることはできません。銀行や信販系では配偶者に収入があれば申込みできる場合もあるので確認してみてください。

借りる目的は何でもいいの?

カードローンは使途自由な借り入れなのでどんな目的に使っても大丈夫です。飲み代や遊び、旅行、医療費、ご祝儀など何でもOKです。ただし、事業性資金には使えません。自分の経営する会社や個人事業のための運転資金や備品購入、設備投資などに使うことはできないので注意してください。