消費者金融のキャッシング分析 〜 そのメリット・デメリットは!?

急にお金が必要になることは、誰にとってもあるでしょう。

後先考えずに借りるのはもちろんいけませんが、きちんと返済できる前提のもと、必要な際に借り入れるのは決して悪いことではありません。お金を貸してくれる金融機関は、銀行、信販会社など種類がいろいろあります。その中で、消費者金融はどういった存在でしょうか。消費者金融での借入れについて、詳しく見ていきましょう。

消費者金融ってどんな会社?

「消費者金融」とはそもそもなんでしょう? 

消費者金融とはもともと、カードローンの業者がイメージアップのために自らを呼んだ言葉です。かつては世間からサラ金、つまりサラリーマン金融の略称で呼ばれていましたが、これには非常に悪いイメージが付いてしまいましたので、業界自らが消費者金融という用語を作ったのです。その後すっかり、世間にも定着しました。

現在では銀行傘下の業者が増えており、ひと頃よりもイメージは相当にアップしています。

消費者金融と聞いて思い浮かべるのはどういった会社でしょうか。恐らく、TVCMや大きな看板で知られている「プロミス」「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」などでしょう。それらの金融機関が消費者金融だというのは正解ですが、他にも多数あります。

店舗は構えていませんが、「オリックス・クレジット」なども大きな消費者金融です。それ以外に、世間には知られていない中小の消費者金融もたくさんあります。

個人向けにお金を貸すことを主にしている業者は、みな消費者金融と呼べます。

ただややこしいのは、カードローンを扱っている金融機関には、銀行やクレジットカード会社などもあります。「オリコ」「ジャックス」など大手信販会社や、積極的に貸出しをおこなっている「エポスカード」などについては、カードローンの内容もほぼ同じなのに、消費者金融と呼ぶことはまずありません。

ちなみに、消費者金融とよく似ていますが、定義の紛れのない言葉に「貸金業者」があります。こちらは、貸金業法に基づいて貸出しをするすべての業者が含まれます。信販系やクレジットカード会社も、お金を貸し出すときは貸金業者です。

貸金業許可を持たない業者は違法な存在であり、いわゆる闇金です。違法な闇金のことを消費者金融とは言いません。

ただ、小さな金融業者になりますと、きちんとした業者なのか闇金なのかよくわからないようなものもあります。最近では、金利も法外でなく取り立ても穏やかな「ソフト闇金」というものまであって紛らわしいです。

金融庁の公式サイトには、貸金業許可を得ている業者の一覧があり、検索もできますので、闇金かどうかの確認は容易です。

消費者金融にはどんなメリットがある?

消費者金融は即日融資が可能

消費者金融の最大のメリットは、なんといっても融資スピードにあります。多くの場合において、即日で融資が受けられます。 銀行カードローンが、2018年から原則として即日融資ができなくなったこともあり、引き続き迅速な融資スピードを維持している消費者金融の注目度は増しています。銀行が即日融資をしなくなったのは、反社会勢力にまで資金が流れてしまったためです。そのため、必ず警察庁のデータベースにアクセスし、申込者が反社会勢力の関係者でないことを確認したのちに融資を実行するルールに変わりました。それまでより、どうしても一日余計に掛かります。 そもそも銀行が即日融資をおこなえるようになったのも、銀行カードローンの保証業務をしている消費者金融等の功績でした。銀行に代わって、審査のほとんどを消費者金融がおこなっているために、それまでの貸出しノウハウを活かした迅速な審査が可能だったのです。

自動契約機は今でも便利

融資スピードの速さとも大きく関連していますが、消費者金融大手には、自動契約機を持っている業者が多いです。

アコムの「むじんくん」以外にも愛称がついていましたが、業者自身があまり使わなくなったこともあって世間から忘れ去られた感がありますが、かつてはTVCMで一世を風靡した存在でした。

カードローンのWeb申込みが主流になった現在では、自動契約機の価値は相対的に低下気味ですし、数も徐々に減りつつあります。Webのみで貸し出す業者との違いも小さくなりました。

ですがまだまだ、自動契約機は非常に役立つ存在です。

駅前の雑居ビルやロードサイドに、カラフルな看板とともに設置されている自動契約コーナーですが、中に入りますと本当に無人です。他の利用者と遭遇することも、あまりありません。ほとんどの店舗は、堂々と入ってもさして気にならないでしょう。

自動契約機の置かれた個室に入りますと、一から申込みができます。ですが最近では、Webから申し込んで審査に通った人が、ローン専用カードを受け取りに来店するというのが主とした利用方法になっています。

消費者金融のほうもこの方法を推奨しています。そのため、滞在時間は非常に短いものになっています。店内には手数料無料で使えるATMコーナーもありますが、一度カードを受け取ってしまえば、その後来店する必要はありません。

振込融資が便利になった現在でも、既存の銀行システムを使った振込みがほとんどです。ですから、夕方や土日祝日に即時融資を受けられる、自動契約機でのカード受取りには大きな価値があります。

提携ATMは数多い

キャッシングの際にも返済の際にも、ATMを利用することが多くなります。特に、銀行振込みの可能な時間以外には、必然的にATMが利用の中心となります。

この際、大手の消費者金融なら、利用できる提携ATMには困りません。コンビニATMはほぼ網羅しています。よほどATMの少ない地方でない限り、安心して利用できます。さらに三井住友銀行系のプロミス・SMBCモビットのカードローンなら、三井住友銀行ATMを無料で利用できます。

振込融資も便利

消費者金融大手は、Webでの申込みから、振込みで融資が完結する、Web完結融資を推進しています。ですから、カードローンといっても、今やカードレスタイプも普通になり、より便利になりました。

その振込融資も、さらに便利になりました。既存の銀行振込システム以外の方法で、振込融資が受けられるようになっています。プロミスなら「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」口座に対して、アコムなら「楽天銀行」口座に対して、24時間365日の振込入金が可能となっています。

返済も便利

返済方法も、ATMでの入金以外にいろいろな方法があり便利です。もともとインターネットバンキングによる振込みというものはあり、現在でも残っている返済方法ですが、既存の銀行振込を利用するとなると、時間も限られますし手数料も発生します。

この点、プロミスやアコムでは、手数料不要でいつでも使えるインターネット返済もあります。ATMに行く必要もありません。なお、大手ならどこでも口座引落しによる返済には対応しています。うっかりによる返済し忘れを防ぐために、随時返済と併用するのもいい方法です。

新たなサービス「スマートフォンによる入出金」

ローン専用カードを入手せずに使えるローンという点では、振込融資と共通しているサービスが始まっています。

プロミスとSMBCモビットで、スマートフォンを使ったキャッシングを実施しています。セブン銀行ATMで、スマートフォンを使ってキャッシングができるものです。

融資のスピードを誇る消費者金融ですが、どうしてもネックになっているのが、ローン専用カードをいかに早く利用者に届けるかという点です。この点、手持ちのスマートフォン端末が使えるなら、カード受取りの必要がないわけです。

消費者金融にはデメリットもある

消費者金融は高金利

消費者金融のデメリットは、金利が高さです。

ほとんどの消費者金融カードローンにおいては、特に利用限度額の低い領域では、利息制限法の金利の上限で貸出しをおこなっています。

「グレーゾーン金利」があった時代と比べますと、金利はこれでもだいぶ下がりました。もうじき世から存在自体消滅しますが、「過払い金返還請求」というのは、グレーゾーン金利の時代の遺産です。

100万円以下の借入れの場合、多くの消費者金融では、利息制限法の上限である18.0%の金利となります。銀行カードローンの金利は平均14~15%ですので、3%以上の差があります。50万円、返済をせず借りたままにしたと考えた場合、3%の金利の差は、年間15,000円の利息の差となって現れます。カードローンでなく銀行の目的ローンであれば、さらに金利はずっと低くなります。

どの消費者金融でも、公式サイトに借入れに関するシミュレーションを掲載しています。こちらを使いますと、「毎月いくら返済していけばいつ返し終わる」または、「いつまでに返し終わるには、毎月いくら返済すればいい」かが調べられます。借入れ前に使っておくと不安がひとつ消えるでしょう。

金利を気にしない最もいい方法は、早めに返してしまうことです。毎月発生する利息を上回る額を返済すれば、元本に対して返済することになります。そうしますと、利息の発生を極力抑えられます。

消費者金融は総量規制対象

利用者の年収の3分の1までしか貸出しができないというのが、貸金業法上の総量規制の内容です。消費者金融だけでなく、貸金業者全体への規制ですので、信販会社やクレジットカード会社も同様です。

総量規制ルールがないのは銀行です。

ですが、銀行と比べた際のデメリットとも思われる貸金業者の総量規制ですが、銀行への貸過ぎ批判により風向きが変わってきました。銀行も、現在総量規制に準じ、利用者の年収に応じて貸し出しの基準を厳しくしてきています。ですから、今後はデメリットとはあまりいえないかもしれません。

まとめ

消費者金融とはこうした金融機関です。

  • とにかく融資スピードが速い
  • 融資の方法も非常に多い
  • 金利は最大値
  • 総量規制の対象なので年収の3分の1が借りられる上限

特性を正しく知って、便利に利用しましょう。

このページの先頭へ