クレジットカードのショッピングとキャッシングの違い

クレジットカードは誰でも一枚は持っていることでしょう。

クレジットカード所有の目的は、ショッピングのためというのが第一だと思います。ですが、多くのクレジットカードには「キャッシング枠」もついています。

ショッピング枠とキャッシング枠とはその性質がまったく違いますが、その点はおわかりでしょうか?見逃しがちなクレジットカードの性質について詳しく見ていきます。

クレジットカードのキャッシング枠のおさらい

クレジットカードのキャッシング枠はお使いでしょうか?

クレジットカードを申し込んだ際、軽い気持ちで付けている人も多いのではないかと思われます。カード発行時のキャッシング利用限度額は、比較的低めに設定されていることが多いため、本格的な借入れには使いづらいかもしれません。ですが、ちょっとした生活資金の不足を埋めるときや、銀行の残高不足時に現金が必要なときには大変便利です。

もっとも役に立つシーンは、海外旅行の際の現地通貨引き出しです。借り入れとなりますので利息が発生しますが、それを考慮しても、海外通貨を作る方法としてはレートもよく優れた方法です。

キャッシング枠は、ショッピング枠とは法律上の根拠も異なるものです。ショッピング枠は、割賦販売法が根拠法令です。 いっぽう、クレジットカードのキャッシング枠を設けるために、クレジットカード会社や信販会社は貸金業許可を取得しています。貸金業法による貸し出しという点では、消費者金融とまったく同じです。

そのため、あまり意識しないかもしれませんが、キャッシング枠を持っていることは、多くのシーンで「借金がある」として扱われます。次のような場合です。

  • 住宅ローンやマイカーローン等のローンを組むとき
  • 消費者金融に申し込む際に申告する、既存の借入れ

キャッシング枠は当然に、総量規制の対象ともなります。総量規制とは、貸金業法における法的規制であり、ローン利用者の年収の3分の1までしか貸出しできないという内容です。このルールは各業者に共通して適用され、各社からの貸出しを合計しても年収の3分の1までとなることが求められます。

複数のクレジットカードのキャッシング枠を合計して30万円となる人の場合、3件の借入件数と、30万円の既存の借入れがある人として扱われます。

ローン審査などがある場合は、クレジットカードのキャッシング枠を廃止することにより、既存の借入額とみなされる額を減らすことができ、審査に通りやすくなります。キャッシング枠の廃止は、電話一本でできる場合がほとんどです。

ショッピング枠とキャッシング枠には機能の違いがある

ショッピング枠とキャッシング枠とは、法律の根拠から違いがあります。当然、その性質も違います。

キャッシング枠は、むしろ消費者金融等のカードローンのほうによく似ています。根拠法令から考えても当然といえるでしょう。ショッピング枠の場合、基本的な性質は「掛け売り」です。これは、代金をまとめて支払えるというもので、借金とは性質が異なります。

ですから、一回払い、二回払い、ボーナス一括払いなどの支払方法の場合、利用代金に金利が発生することはありません。

いっぽう、キャッシング枠や消費者金融カードローンの場合は、キャッシングをする時点で借金となります。すぐに返済しても、一日分の金利は発生します。このように異なるショッピング枠とキャッシング枠ですが、実際の利用の際には、意外なぐらい似ていることもあります。例えば、リボ払いです。

リボ払いは、貸金業法によるものではありませんが、これは手数料という名称の利息が必要なので、利用者にとっては借金です。リボ払いでショッピングをした時点からただちに借金になるわけではありません。リボ払いにもさまざまなタイプがありますが、一般的にはクレジットカードの最初の締日を過ぎると、リボ払いでお買い物をした金額の合計額について、利息が発生します。

リボ払いというのは消費者保護の立場からは非常に評判が悪い支払方法です。クレジットカード会社が「借金」だというアナウンスをきちんとせず、「毎月支払額が一定」というところだけアピールするのは確かにいただけません。

ですが、リボ払いも知って使うと大変便利です。日常に使う品物や、公共料金などをクレジットカードで支払い、リボ払いにしておきますと、お金を借り入れる行為なしに借金を作ることができます。お金に困っている人にとっては、カードローンだけが借金の方法ではないのです。

クレジットカードの代金が支払えない際に、カードローンやキャッシング枠から借入れをすることは普通にあるでしょう。もちろん、そうした際には便利ですし、してはいけないものではありません。ですが、戦略的・計画的に借金をするなら、代金の一部をリボ払いに変更するほうがいいわけです。

しかも、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠の金利はおおむね利息制限法の上限である18.0%のものが多いですが、リボ払いなら15%程度で、しかも利息の発生する時期が遅いので、お得になっています。

クレジットカードの分割払いも、最近では使えるカードが増えました。こちらはリボ払いとも似ていますが、クレジットカードを通さない、TVショッピングなどで扱っている分割払いのほうにむしろよく似ています。これも借金となります。

カードローンとクレジットカードとの対象年齢の違い

20歳未満の人がカードローンで借入れできることはほとんどありません。法律で制限されているわけではないので、東京・高田馬場に集まる学生ローンなどでは貸してくれます。ですが未成年者には契約の取消権があるので、消費者金融等の貸金業者はだいたいいやがるわけです。

いっぽう、クレジットカードは、高校生は不可ですが、18歳から持つことができます。保護者の承諾は必要ですが、学生さんでもカードを持って買い物ができるわけです。

そして、中には未成年に少額のキャッシング枠を付けてくれるカードもあります。学生さんでも、クレジットカードを持つと、合法的に借入れができる場合があるのです。

カードローンとクレジットカードの年会費の違い

カードローンで年会費を徴収するものは、ほぼありません。利息商売ですから、年会費など不要なのです。

いっぽう、クレジットカードの場合は年会費無料のものもありますが、その場合は必ず「年会費無料」がセールスポイントとなっています。「初年度年会費無料」というセールスポイントも、同様に年会費が発生することを前提にしており、だいたいのカードでは、年会費が必要です。

特にゴールドカード以上のプレミアムカードでは、1万円以上する年会費が、カード会社の重要な収益となっていると言われています。

多くのカードでは、年会費相当分はポイントプログラムの活用で取り返せます。ですがポイントを貯めるにはそれだけカードを使う必要がありますから、カード会社は加盟店に支払ってもらう手数料でいずれにしても利益が上がります。

いずれにしてもクレジットカードのショッピング枠は、儲けが薄いのです。だからこそ、キャッシング枠や、リボ払い等、利息を得られる方向に、顧客を誘導しているわけです。

カードローンとクレジットカードのサービスの違いとは?

カードローンのサービスというものは、すべて商品の特性に直結します。融資が迅速であるとか、返済の利便性が高いなどです。

消費者金融大手では、30日間無利息サービスを実施しています。初回契約時からの30日間の借入れについて、利息が発生しません。最初の返済は、大部分が元本に充当されることになります。

法律上同じ扱いとなるクレジットカードのキャッシング枠も、サービスに勤めています。キャッシングリボ払いを活用しますと、消費者金融に準じた使い勝手になります。ただ、限度額も低めですし、キャッシングのためにカードを持ってもらうほどの商品インパクトはありません。

クレジットカード枠のショッピング枠については、一括払い等の標準的な支払方法の場合、カードによって大きな差は生じません。したがって、付加価値によって差を付けます。それも、高い年会費を取るカードでサービスがいいのは当たり前ですので、カード会社各社とも、年会費無料や安い年会費のカードで、サービスを競っています。

次のようなサービスがあります。

  • ポイントプログラム
  • 付帯保険
  • 支払方法の多さ

ポイントプログラムは、還元率の高いものに人気が集まります。ポイント還元率は1,000円のお買い物に対していくらの金銭的還元があるかで計算されます。50円だと標準で、ポイント還元率0.5%となります。100円だとポイント還元率1.0%で、これは優れています。

付帯保険の代表は、海外旅行傷害保険です。年会費の安いクレジットカードの場合、海外旅行傷害保険がついていても、自分で改めて保険に入らねばならず、実質的にはさほど価値のないというものも多いです。ですが、海外でケガや病気をした際の治療費として、限度額200万円程度の保険がついているものもあり、これは役に立ちます。

支払方法の多さとしては、すでに取り上げたもの以外に「スキップ払い」など、カード会社によって工夫をしています。スキップ払いはJCBカードの支払方法で、支払を最大6か月先にできるものです。リボ払いや分割払いと同様、利息は発生します。

今ではごく当たり前になった分割払いも、以前は信販系のカードしか使えませんでした。

まとめ

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠、それからキャッシング枠と同じ機能を持つ消費者金融のカードローンを比較してみました。まとめます。

  • キャッシング枠とカードローンは一緒
  • クレジットカードのショッピング枠でも、間接的に借金ができる
  • クレジットカードは、付加価値であるサービスを競っている

関連記事

このページの先頭へ