キャッシング申込時の必要書類にはどんなものがあるの?

キャッシングの申し込み時には提出しなければいけない書類がいくつかあります。初めてキャッシングを利用するという方はどんな書類が必要なのかわからないと思います。そこで今回は初めてキャッシングを利用する方向けに、キャッシングの申し込み時に必要となる書類にはどのようなものがあるのか解説していきます。いざキャッシングを申し込むときにパニックにならないように、ここでしっかり確認してくださいね。

本人確認書類にはどんなものがあるの?

キャッシングを申し込むときにまず必要となるのは本人確認書類です。本人確認書類が必要な理由としては、本当にその人が申し込んだのか確認するためです。もし本人確認書類の提出が必要なければ、誰かに成りすましてお金を借りることが可能となってしまいますよね。なりすましのような犯罪が起こらないためにも、本人確認書類の提出は必ず行わなければいけません。

本人確認書類として有効なものはどのようなものがあるの?

キャッシングの申し込みで提出しなければいけないのは顔つきの本人確認書類です。運転免許証はほとんどの方が持っており、名前や住所などの基本的な情報も載っていますね。また、顔写真もしっかりついているため基本的には運転免許証の提出が求められます。

しかし中には運転免許証を持っていない方もいるでしょう。そういった方は以下の書類が本人確認書類として認められています。

  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 公的証明書類(氏名・住所・生年月日・顔写真が付いているもの)
  • マイナンバーカード(表のみ)

これらの書類に共通しているのは、氏名・住所・生年月日・顔写真が付いているということです。マイナンバーカードに関しては後でさらに詳しく解説していきます。キャッシングの申し込みの際にはこれらの書類を事前に用意しておくとスムーズに手続きを進めることができます。

本人確認書類に記載されている住所が、現在住んでいる住所と異なる場合は追加で書類を提出する必要があります。追加で提出する書類は以下の中から1点選んでください。

  • 現住所が記載されている本人確認書類(健康保険証やパスポート、年金手帳など)
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKなどで直近2回分までのもの)
  • 官公庁発行書類で、氏名、住所、生年月日の記載があるもの(住民票、納税証明書、印鑑登録証明書など)

本人確認書類として提出する前に現住所があっているのか確認しておきましょう。会ってない場合はこれらの書類を忘れないようにしましょう。

健康保険証は本人確認書類として使えないの?

前述したキャッシングの申し込み時に使える本人確認書類の中に健康保険証がありませんでした。ここで、本人確認書類として健康保険証は使えないのかという疑問点が出てきますね。答えから言うと、健康保険証は単体では本人確認書類として使うことはできません。しかし、追加の書類を健康保険証とセットで提出することで本人確認書類として認められるようになります。追加で出す書類は以下の中から1点選択してください。

  • 年金書類
  • 母子健康手帳
  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • 国民健康保険被保険者資格証明書

健康保険証を本人確認書類として使いたいという場合には、これらの書類の中から1点追加で出さなければいけないことを覚えておきましょう。

提出する書類の有効期限に注意しよう

書類の中には有効期限が決められているものがあります。有効期限が切れている書類の場合は認められない可能性があるので、提出する前に有効期限が切れていないか確認する必要があります。

また有効期限が記載されていないものは、発行されてから6か月以内のものが有効となります。この点は勘違いされやすいので間違えないように気を付けておきましょう。

マイナンバーカードは本人確認書類として使えるのか?

マイナンバーカードをキャッシング時の本人確認書類として使える消費者金融はあります。しかし、対応している消費者金融はまだ多いとは言えず、どの消費者金融で使えるのかは事前に確認する必要があります。

マイナンバーカードは制度が開始されて日が浅いため、すべての消費者金融や銀行で本人確認書類として使えるわけではありません。大手の消費者金融は対応が非常に速く、アイフルやアコム、プロミス、レイクなどではすでにマイナンバーカードを本人確認書類として認めています。現在は認めていない消費者金融や銀行でも今後認められる場合があるため、申し込み時に確認するようにしてくださいね。

消費者金融や銀行でキャッシングを申し込む際、本人確認は必ず行われます。その時になって困らないように事前に確認しておきましょう。

収入証明書類にはどのようなものがあるの?

キャッシングを利用する場合、本人確認書類は必ず提出しなければいけませんが、契約内容によっては収入証明書類の提出も求められることがあります。収入証明書類は申し込み者に返済能力があるのかを示す重要な書類となります。ここからは、キャッシングで提出する収入証明書類について詳しく解説していきます。

2010年度の改正賃金業法によって、50万円を超える借り入れを行いたい場合はどの会社であっても収入証明書類を提出しなければいけなくなりました。そのため、50万を超える融資を希望している場合は事前に収入証明書類を用意しておくのが賢明だと言えます。また、50万円以下の融資でもキャッシング会社によっては提出しなければいけない場合があります。収入証明書類を提出しなければいけないかどうかわからない時は、事前に確認しておくといいでしょう。

収入証明書類として認められているものは?

キャッシングの申し込みの際に提出する収入証明書類にはどのようなものがあるのでしょうか?収入証明書類として認められているのは以下の書類になります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

会社に勤めている方は給与明細もしくは源泉徴収票が準備しやすい書類かと思います。源泉徴収票は年度末に会社からもらう書類です。源泉徴収票って何に使うの?と思っている方もいますが、収入証明書類としては最も利用される書類になるので、間違ってなくさないようにしっかり保管しておきましょう。また、給与明細を収入証明書類として利用する場合は、直近2か月以内のものでなければいけません。キャッシング会社は今現在どれくらい収入があるのかを見たいのです。過去のものでは対応してくれないので注意しておきましょう。

会社に勤めていない、例えば自営業の方はどのような書類が必要になるのでしょうか? 自営業の人は、課税証明書や確定申告書が必要になります。課税証明書は住民税額を証明する公的な証明書なので、確認書類としては価値が高いものとなります。

収入証明書類が必要になるケースとは?

収入証明書類の提出は消費者金融や銀行によって異なるため一概には何とも言えませんが、確実に必要になるケースはあります。それは以下の2点のどちらかに当てはまるケースです。

  • 利用限度額が50万円を超える
  • 利用限度額と他社の借り入れ金額を合わせて100万円を超える

このような場合は、どのキャッシング会社から融資を受けても収入証明書類が必要になります。収入証明書類が準備できないという方は、利用限度額額を50万円以下にしてキャッシングを受けることをおすすめします。

必要書類の提出方法について

本人確認書類や収入証明書類などの必要書類の提出方法はキャッシング会社によって異なります。ここでは、大手のキャッシング会社を例にとって必要書類の提出方法について説明していきたいと思います。

アップロードで提出

インターネットから申し込みを行った場合はアップロードで提出するのが最も簡単です。大手のキャッシング会社では、ホームページから必要書類をアップロードで提出できるようになっています。アップロードを行う場合は、スマートフォンを使ってその場で書類の写真を撮るだけなので、スマートフォンを持っている方ならだれでもできる簡単な作業です。

アプリで送信

大手のキャッシング会社ではスマホアプリで提出できる場合もあります。アコムの場合、iPhone、androidともにアプリ開発がされており、アプリをダウンロードして書類提出できるようになっています。

FAXで送信

家にファックス機能がある場合はFAXで提出することもできます。FAXで書類提出を考えている場合は、文字が濃すぎたり薄すぎたりしないように気を付けましょう。文字がはっきりしていない場合は再度送ってくださいということになります。

自動契約機や店頭に持参する

近くに自動契約機や店舗がある場合は持ち込んで提出することもできます。書類の現物(コピー)を持っていくだけで提出できるため、パソコンやスマホの操作になれていない方はおすすめです。

郵送で提出

店舗には専用封筒が置いてあります。その専用封筒に必要書類を入れて郵送で提出することもできます。

キャッシングで必要書類を提出する方法はたくさんあります。この中から自分にとって最も楽な方法で提出するといいでしょう。

収入証明書類にマイナンバーが記載されている場合

収入証明書類にマイナンバーが記載されている場合は、見えないように黒く塗りつぶしてから送るようにしましょう。マイナンバーが流出してしまうと個人情報が漏れてしまうので気を付けるようにしてくださいね。

まとめ

  • キャッシング申し込み時には本人確認書類を送らなければいけない
  • 本人確認書類は顔写真が付いているもの
  • 収入証明書類は契約によっては送らなければいけない
  • 提出方法はたくさんあるが、アップロードで提出が一番簡単
  • 収入証明書類にマイナンバーが記載されている場合は黒く塗りつぶして提出したほうがいい

このページの先頭へ