使わなくなったカードローンは解約するべき? メリット・デメリットについて

過去に一度カードローンを使ったけれども、その後全く使っていないという人もいるでしょう。 カードローンは期限が過ぎると自動的に解約されると思っている人もいますが、実はそうではありません。 カードローンの契約は基本的に自動更新で、銀行系ならば1年ごと、消費者金融系ならば5年ごとに更新されています。 更新手数料がかからないので分かりにくくなっているのです。

使わなくなったカードローンは持っているべきか、メリット・デメリットと解約方法について紹介します。

カードローンを解約するメリットとは

使わなくなったカードローンは、現在も契約を自動更新されていると考えられます。 特に手数料もかからないし持っていても良いのではないかと思う人もいますが、早目に解約するメリットには以下のものがあります。

他のローンが借り易くなる

生活費には困らなくても、車のローンや住宅ローンを組みたいと考えている人もいるでしょう。 その場合にもやはり審査が必要で、こちらはカードローンよりも更に厳しくなります。 カードローンは契約をした段階で利用限度額が定められています。 他のローンの審査を受ける時には、当然他社からの借入れ状況を調べられるのですが、カードローンを契約したままの状態だと、その限度額分の借入れを行っている状態であると判断されてしまうのです。 今は全く借入れを行っていなくても、事実上限度額自体が借金と見なされてしまうというシステムです。 使わなくなったカードローンを解約しておくことで、他社からの借入れがない状態になれますので、他のローンが借り易くなるのです。

信用情報機関に残らなくて済む

カードローンの審査を受けたり、借入を行うと個人信用情報機関に履歴が残ります。 きちんと返済できたかどうか、もちろん延滞などの金融事故があれば記録されるのです。 この信用情報は永遠に残る訳ではなく、一定期間経つと削除されます。 基本的に契約内容や返済状況は5年間は記録が残ります。

これから住宅ローンや車のローンの審査を受けようと思った時に、金融機関はこの個人信用情報を照会します。 この時に、カードローンを解約してから住宅ローンの申し込みをするまでの期間が短いと、限度額がそのまま記録されている可能性もあるのです。 その様な時にはカードローン会社に「解約証明書」を発行して貰い、審査を受ける先に提出すれば問題ないのですが、証明書を発行するまでに手間や時間がかかる場合もあります。 これから住宅を購入する予定のある人は、早目に解約をしておいた方がスムーズです。

借金の誘惑に負けずに済む

いつでもまとまったお金が手に入ると思うと心強く感じるものです。 実際に万が一の時の為にカードローンを解約せずに枠を残しておく、という人も多いのです。 しかし中には手軽に使えるお金があることで誘惑に負けてしまい、少しずつムダな借金を積み重ねてしまう人もいます。 カードローンを解約することで、誘惑に負けずに借金を増やさずに済むでしょう。

カードローンを解約するデメリット

カードローンを解約してしまうと、以下の様なデメリットが考えられます。

解約の手間がかかる

お金が必用だった時には必死で手続きをしても、解約する為にいちいち手間をかけるのは面倒、と思う人もいます。 忙しくてつい手続きを忘れてしまい、そのままにしてしまうのです。

同じカードローンは使えない

一度カードローンを解約してしまうと、再度同じ金融機関に申し込むことは難しくなります。 借りに再度申し込んだとしても、審査に受からないケースが多くあるのです。 金融機関としては定期的に利用して貰って金利を稼ぐ商売ですので、使わなくなったので解約したという人に対しては期待をしないからです。

万が一の時にすぐにお金が調達できない

人生何が起きるか分かりません。 使わないからとカードローンを解約したら急に病気になってしまったりなどして、お金が必要になることもあります。 その時には違う金融機関に審査の申し込みをしなければならず、二度手間になってしまいます。

カードローンの解約方法について

最近では、カードローンの申し込みもネットで完結できるところが増えています。 もし一度解約してしまっても、他に同じ位サービスの良いカードローンを見つけることは可能です。 少なくとも3年以上利用していなくて、今後2年間は利用する予定がないならば、一度解約をして個人信用情報をキレイにしておくのがおすすめです。

カードローンの解約の方法は金融機関によって異なりますが、殆どの場合は電話でOKです。 中にはインターネット上から解約できるところもあります。 銀行系の場合、本人確認書類が必要になるところもありますが、申し込み時程時間はかかりません。

まとめ

カードローンは持っているだけで個人信用情報に記録が残り続けます。

いざという時に借入れをしていないのに借金がある様に判断されてしまっては損をします。

最近ではカードローンでも収入証明書が必要なかったり、初回のみ金利が無料のところもあり、特に問題のない人ならばサービスの良いカードローンがすぐに見つかります。

現在使わないと思ったら、早目に解約するのがおすすめです。

関連記事

このページの先頭へ