キャッシング用語のホワイトって何?ブラックの反対になるの?

キャッシングには様々な用語があります。例えばブラックというのは事故情報のことを指します。今回はホワイトというキャッシング用語について解説していきます。名前から察するとブラックの反対のような気がしますがそうなのでしょうか?気になる方はぜひ今回の記事をチェックしてみてくださいね。

ブラックってどんな状態なの?

まずはキャッシングにおけるブラックとは何なのか詳しく解説していきます。キャッシングにおけるブラックとは事故情報のことを指します。よくキャッシングのブラックリストがあるといいますが、キャッシングにはブラックリストなんて存在しません。正式には事故情報が信用情報機関に登録されてしまったということを言っているのだと思います。

事故情報って?

キャッシングにおける事故情報とは、キャッシング会社の信頼を損ねる行動のことです。具体的に例を挙げると2か月以上の長期滞納、自己破産や個人再生をしたという債務整理、第三者に弁済してもらう代位弁済などが事故情報として登録されます。

事故情報が与える影響

事故情報が信用情報機関に登録されてしまうとどのような不利益をこうむってしまうのでしょうか?

1つ目に新しくクレジットカードを作るのが難しくなります。クレジットとは信頼という意味です。事故情報に登録されてしまったということは信頼を失ったということなので、新しくクレジットカードを作ることは非常に難しいです。

2つ目に住宅ローンを組むことができなくなります。住宅ローンが組めなければ新居を買うのは難しくなりますね。

3つ目に携帯電話の分割購入ができなくなります。基本的に携帯電話は高価なものですので分割購入しますね。事故情報によって信頼を失ってしまうとこのような様々なところで不利益をこうむってしまいます。

ブラックはいつ消えるの?

ブラックが消えるまでの期間は信用情報機関によって異なります。日本には3つの信用情報機関があります。その中でブラックが消えるまでの期間が最も短いのが日本情報信用機関(JICC)です。JICCの場合、長期滞納の記録は滞納解消から1年、自己破産の記録は自己破産してから5年間登録されます。これで最も期間が短いので、他の信用情報機関ではもっと長く保管されてしまうのです。

また、信用情報機関に私はもう借金がなくなったからブラックを消してくれと頼んでも、消してくれることはありません。信用情報機関はブラックを決められた期間登録しなければならずそのような申し出に応えることは絶対にありません。

詐欺に注意

ブラックは消すことができますと公表している業者は詐欺である可能性が非常に高いです。先ほど述べたように、正当な理由で登録されたブラックは絶対に消すことはできません。それにもかかわらず消すことができると主張する業者は非常に怪しいと言えます。騙されないように注意が必要です。

ブラックに関しての説明はこれで終わります。次にホワイトについて詳しく説明していきますね。

ホワイトってどんな状態なの?

キャッシングにおけるホワイトとは、個人信用情報機関に借り入れやクレジットカードの利用履歴が全くない状態を指します。またホワイトには大きく分けて2種類あります。

1つ目がこれまでにキャッシングやクレジットカードを全く利用したことがない、キャッシング完全素人の場合です。2つ目が過去にブラックが信用情報機関に登録され、その後削除された後の状態である場合です。ブラック情報は5年程度で消えますが、借り入れなどの記録も同じ時に消されます。そのため、全くキャッシングやクレジットカードを利用したことがない人と同じ状態になるのです。同じホワイトでもこの2つには大きな違いがありますね。

キャッシング業界では上記の2つのホワイトを異なる呼び方をしています。1つ目の全くキャッシングやクレジットカードを利用したことがない状態をスーパーホワイトと呼び、2つ目のブラックが消されたためにホワイトになった状態を信用ホワイトと呼びます。これらを違った呼び方をするのには理由があり、この理由は後程お話ししますね。

スーパーホワイトだと審査に不利?

キャッシングやクレジットカードを全く利用したことがないスーパーホワイトは、これまでキャッシングを利用する必要がなかった安定した生活を送っていた人です。そのため、キャッシングなどの審査に落ちる事はないように思えますが、実際は審査で不利を受ける可能性があります。この点に関しては次の章で深く解説していきます。

30代以上でスーパーホワイトだと注意が必要

ここでは、スーパーホワイトがキャッシングの審査においてなぜ不利になってしまうのか詳しく解説していきます。皆さんも疑問に思われる点だと思うのでぜひチェックしてみてください。

スーパーホワイトが審査で不利を受ける理由

あなたがキャッシング会社を運営している場合、スーパーホワイトの方と信用ホワイトの方どちらにお金を貸したいと思いますか?おそらくすべての方はスーパーホワイトだと答えるはずです。ここで問題となるのが、信用情報機関に登録されている情報ではどちらも全く同じであるということです。キャッシング会社にとって最もキャッシングしてほしくないのは過去にブラックの履歴がある人です。そのため、スーパーホワイトの方をブラックなのではと考えてしまい、審査に落ちてしまう可能性があるのです。

現在は多くの方がクレジットカードを利用していますね。そのためキャッシング会社は、普通の人であれば当然クレジットカードを利用しており、クレジットカードを利用していないのは何かしら原因があるのではと考えてしまうのです。その結果少しでも引っ掛かる点があれば審査落ちにしてしまいます。

20代でスーパーホワイトは珍しくない

20代の場合、カードローンを利用したことがないという人は少なくありません。そのため、20代でスーパーホワイトであっても、キャッシング会社はこの人はブラックだと考えることはまずありません。

30代でスーパーホワイトなら要注意

一方である程度社会経験を積んだ30歳以上の方がスーパーホワイトであればかなり怪しまれてしまいます。いくらカードを全く使わない現金主義の方でも、何かあったときの為に1枚くらいは持っているものです。それにもかかわらず、30歳を過ぎてクレジットカードを利用した経験が全くないとなると、何かクレジットカードを利用できない理由があるのではないかと疑われてしまいます。

スーパーホワイトは決して悪いのではなく、キャッシング会社としてはブラックを引いてしまうことだけは絶対に避けたいという想いから、少しでも疑いがある場合はリスクを冒さないようにしているのです。問題なのはスーパーホワイトと信用ホワイトを見極めることができない現段階の制度にあり、これが改善されることを強く望みます。

このようにスーパーホワイトはキャッシングの審査においては決して好材料とは言えず、むしろ審査が厳しくなってしまう可能性を秘めています。30代になってクレジットカードを作りたいという方はスーパーホワイトを何とかして抜け出したいですよね。次の章ではスーパーホワイトをどのように抜け出すのかいくつか紹介していきます。

スーパーホワイトを抜け出すには?

30代になってキャッシングやカードローンを利用する場合、事前にスーパーホワイトを抜け出しておくと審査がスムーズに行われます。では、そのようにしてスーパーホワイトを抜け出すことができるのでしょうか?ここでは2つの方法を紹介します。

1、 スマートフォンの分割払いでスーパーホワイトを抜け出す スーパーホワイトがクレジットカードを作るためには、もっともらしい理由が必要です。携帯電話は一括で購入するとかなりの金額になってしまうため、ほとんどすべての人が分割払いで購入しています。そのため、スマホの分割払いを行うためにクレジットカードを作ることは不自然ではなく、クレジットカードを発行できる可能性が高いです。その後は支払いを滞りなく行えば、スーパーホワイトから抜け出すことができます。

2、 家電製品を購入してスーパーホワイトを抜け出す スマートフォンは買い替えたばかりなので他の方法を探している方は家電製品を買うときにショッピングローンを組むのをおすすめします。ショッピングローンとは、カードとは異なりある1つの商品を購入するためだけの分割払い契約のことです。これも滞納せずにしっかり支払いすることで、スーパーホワイトを抜け出すことができます。

スーパーホワイトを抜け出すことは決して難しいことではありません。そのため、スーパーホワイトであることを悲観する必要は全くないと言えます。どうしてもスーパーホワイトを抜け出したい人はここで紹介したものを実践してみるといいでしょう。

滞納に注意

スーパーホワイトを抜け出すためにスマートフォンや家電製品を購入しても、返済を滞納してしまっては全く意味がありません。滞納が続けばブラックが登録されてしまう可能性があるので、滞納は絶対にしないようにしましょう。

まとめ

  • キャッシングのホワイトは信用情報機関に何も情報がない状態を指す
  • ホワイトにはこれまでに全くキャッシングを利用した経験がないスーパーホワイトと、ブラックが削除されてなった信用ホワイトがある
  • スーパーホワイトは信用ホワイトと区別がつかないので審査で不利益を受けることもある
  • スーパーホワイトを抜け出すことはそれほど難しいことではない

このページの先頭へ