キャッシングする為の業社選びのポイントと知っておくべき事は何か。

キャッシングをする為にクレジットカードを持って置く事は、生活をするにあたり、安心材料になると思います。いざという時に現金が無くて、お金を借りられる親類や友人などがいない場合は、大ピンチに陥ることになるでしょう。クレジットカードをさえ所有しておけば、そんなお金の不安も一発で解消してくれるのです。

今回は、キャッシングをする為の業社選びについてレポしたいと思います。

これからキャッシング、カードローンを利用したい人

これまでクレジットカードは所有した事があっても、キャッシングを携帯させたり、カードローンなども組んだ事がないという方も多いと思います。

しかし、就職をして社会人になった人や、これまで主婦をしてきたが、一定の収入を得られる職についたり、転職したり、生活環境が変わったりと、何かと変化があった時に、キャッシングができるクレジットカードが一枚あれば安心材料になります。

そう思った時にまずすべき事は、自分自身がどの程度のお金を借りることができるのか?今のスペックで本当にキャッシングが出きるのかを知ることが必要となります。

まず、キャッシング機能がついているクレジットカードを新規で作る場合、貸金業社からの借り入れ金額の合計は年間収入の3分の1までに制限がかかっています。

例えば、貸金業社から合計金額100万円を借りたい場合は、最低も年間の収入が300万円以上ある事が条件となっています。

また既に他貸金業社から借り入れ金額が3分の1を超えている場合は、新規の借り入れをする事ができないので、クレジットカードを申請しても、審査に通らないことが多いでしょう。

また、他社からの借り入れ金額数が4件以上を越えている場合も新規の申請も通らないことが多いと言われています。

なので、新規クレジットカード申請をする時に、過去にクレジットカードを作って、借り入れがないかとなどを確認する事も大切です。

過去がブラックだと申請も通り難い

また、過去にキャッシングをした経験があり、5年以内にローンやクレジットカードの返済を1カ月以上未納したり、自己破産、個人再生、任意整理をした経験もある人もブラック扱いになる事が多いです。自己破産に関しては過去10年以内になります。

現在は問題が無くても、それらの条件にはまってしまう人は新規のキャッシングやカードローンの申請は通りずらいと言われています。

利用出来るローンと出来ないローンについて

実際にキャッシングがでくるクレジットカードやカードローンの作る為に、申請の申し込みをする段階で知っておくべき事は、自分がどのタイプのローンを利用できて、どのタイプのローンを利用できないかということを知る必要があります。

例えば、カード申請をする会社が、消費者金融、クレジットカード専用会社、銀行。この3つでも大きく申請の条件や内容が異なります。

段階で言うと、一番審査の面で厳しいのが銀行で、次にクレジット専用会社、そして消費者金融となります。

銀行のカードローンを申請する場合は、年収の最低ラインや、年齢、勤続年数などの審査があります。

また、クレジットカードの専用会社でも、安定した収入や勤続年数などの審査がある場合が多いと言われています。ステータスの高いクレジットカードになればなる程に、申請をする時に審査が厳しくなると言われています。

その一方で消費者金融の場合は、縛りがそこまで厳しくはなく、安定した収入があれば、正規雇用社員でもなくても申請が通る場合があります。

自分がどの種類のローン会社を利用して、申請をするのかを見定めることが重要だと言えるでしょう。

年齢制限

また、年齢に関しては、高齢だという年齢層に入っても、安定した収入や職があれば、審査は通り易いと言われていますが、どんなに収入があっても、未成年の場合はどのクレジットカードやカードローンは取らないと言われています(一部、学生専門のクレジットカードや学生ローンは除く) また、年齢に問わず、専業主婦の場合でも、配偶者に安定した職や安定した収入があれば、審査に通ると言われています。

安定した収入がある未成年よりも、自分には収入が無いけれど、配偶者に安定した収入や職がある専業主婦の方が審査に通り易いと言えるでしょう。

学生でも成人を超えていて、安定した収入が見込める場合は審査に通る場合もあります。

まとめ

キャッシング専用のクレジットカードを申請したり、カードローンを組む場合には、自分自身がどの種類のカードやローンを申請すれば良いのかを見定める必要があります。

明らかに申請しても通りそうもないクレジット会社やローン会社を選択するよりも、申請が通り易いところを選択して、申請をする方が手間も掛かりません。

申請をする前に自分の身の丈を考えて、申請する会社を選ぶ事が、スムーズにキャッシングする為のクレジットカードを持つ事ができ、カードローンが組めるでしょう。