人間はお金を借りたら現実はいくらの金額までなら返せる?キャッシングやカードローンについて

キャッシングやカードローンでお金を借りるときは、借りる人の年収などによって、借りられる金額の限度が決まります。

しかし、高額な金額を借りたことがない人は、限度額まで借りても返せるものなのか気になるでしょう。人間というは、お金を借りる金額がいくらまでなら返せるものなのでしょうか?

人間が返せる借金の金額についてこれから話して行きます。借金返済のために心理面へのプレッシャーがかかることが予想できますし、人間の心理の面が大きく関係してくることも考えられます。

返せる借金の限界金額

まず、キャッシングやカードローンで借りられる金額をシンプルに説明すると、借りる人の年収の3分の1と言われています。例えば、年収が300万円ある人ならば、100万円まで借りられることになります。

しかし、年収300万円の人が、その3分の1の100万円もの金額を返すのはかなり厳しく感じられます。まずは、年収300万円の人が100万円の借金を返すとして、月にいくら払うか考えてみましょう。

年収300万円の人はシンプルに計算すると、月収が25万円になります。その状況で100万円を返すと考えると、月に5万円返したとして2年ほどで返せる計算になります。

借りた金額には利息がつきますから、月に5万円以上のペースで返すことになったり、返却期間が長くなるかもしれませんので、単純に月に5万円返済という話にならないこともあります。

そして、人間の心理などを含めて考えるとまた話が変わってきます。

余裕のある借金返済ができる金額

月収25万円でその内の5万円ほどを借金の返済に使う人は、少なくないようです。すると、多くいるのだから100万円の借金を返すことは難しくなく聞こえます。

ところが、月収25万円の内の5万円を借金返済にあてるということで、生活がギリギリになることもまた多いそうです。

そしてもし、返済している途中で病気になってしまって、職場を退職したりすると、月5万円の借金返済は無理になります。

貯金があればそれを取り崩して、月5万円の返済は可能ですが、そもそも貯金があれば借金をすることはないでしょう。

よって、年収300万の3分の1の金額をキャッシングやカードローンで借りたとしたら、その返済はギリギリの状態になり、返せない事態が起こる可能性があります。

もし、キャッシングやカードローンでお金を借りるとしたら、年収の3分の1も借りるのは避けたほうがいいと言えます。

毎月の貯金金額で返せる金額の関係

毎月の給料のうちの幾らかを貯金に回す人は、世の中には大勢います。そこで、貯金をする人たちの毎月の平均金額を調べてみると、月収の内の10%から15%と言われています。

年収が300万円あるとしたら、そのうちの30万円を毎年貯金していることになります。

そうなると、年収または月収の約10%がキャッシングやカードローンで借りる金額としては、返しやすい適正な金額となります。貯金に回せるほどの余裕のある金額だからです。

中には給料をもらっても貯金をしないという人も、結構な割合でいますが、貯金をしない人やできない人はお金を借りないほうがいいでしょう。

年収が多ければ借りる金額が多くても良い

ここまで年収300万円の人が、キャッシングやカードローンでお金を借りることを例にして話してきましたが、年収がそれよりも上の人の場合を考えてみます。

もし、年収1000万円の人がキャッシングやカードローンでお金を借りる場合、年収の20%を借りても、余裕のある範囲で借金を返せます。

この場合の年収の20%を借りるというは、200万円借りることになります。それから、年収1000万円になると税金で取られる金額が増えますから、実際は手取り700万円ほど受け取ることになります。

そうなると月収は約50万円から60万円ほどです。そして200万円の借金を1年で返すとなると、月に17万円ほどの返済になります。

月収50万円から17万円を引くのはきつそうですが、年収300万円の人の例と比べると、かなり余裕があります。

年収が増えるほど、キャッシングやカードローンで借りられる金額は増やすことができると言えます。

借金の金額は少ないのに越した事はない

年収が多ければ、キャッシングやカードローンで借金できる金額の余裕は増えると話しましたが、借金の金額が少なく済めばそれに越した事はありません。できれば、借金が0円であることが望ましいです。

人間の心理面の負担を考えると、年収が多くて借金の金額が少なければ負担が減るのですが、借金をしていることに代わりはありませんから、心理面に大なり小なり負担はあります。

ですから、借金をすることを避けて生活するようにしたいものです。

まとめ

現実を考えながら、人間がキャッシングやカードローンで借りられる金額や余裕を持って返せる金額について話してきました。

人間の心理面も考慮しながら、返せる余裕のある借金の額も考えましたが、これは年収が多ければ借金返済の余裕が増えるという結論になりました。

しかし、人間の心理的な負担を無しにしたいと考えると、借金自体をしないほうがいいという結論にもなりました。

当然ではありますが、キャッシングやカードローンで借りる金額はほどほどか、無しにしておきましょう。

関連記事

このページの先頭へ