学費が出せないから大学は無理?子供を泣かせない親の最強手段とは?

子供を大学に進学させたいけれども、旦那だけの収入では入学費用を捻出できない。大学進学の夢をかなえてあげたいけれども、お金がない。このような「大学入学のお金」に苦しんでいませんか?

可愛いお子さんのために、大学費用を作ってあげたいと思うのは親心。けれども経済的な事業から、数百万円におよぶ大学の授業料や入学費・1人暮らしの生活費を工面できず、泣く泣く進学を諦めさせる親ごさんも多いようです。

けれども、よく考えてみてください。お金が払えないことを理由に、進みたい道に進めなかったとしたら、お子さんの気持ちに大きなしこりが残ってしまうことも考えられます。円満な家族関係を歩みたかったら、お金を理由に大きな夢を諦めさせてしまうのはできれば避けておきたいもの。

ココではとっておきの「大学費用を工面する方法」をご紹介します。

子供を希望する大学に進ませてあげたい

子供を希望する大学に進ませてあげたいけれども、肝心の費用がない。こんなときには第三者からお金を借りることを、積極的に考えてみるのもおすすめです。

お金を借りるなんて、とんでもない!

そう思う人もいるかもしれませんね。けれども核家族化が進み、親戚関係や友人付き合いが昔に比べて薄くなっているニッポン。第三者からお金を借りることも、当たり前になっています。

真っ先に頼りたいのは、奨学金だけれども…

第三者からお金を借りたいとき、まっさきに思い浮かぶのが奨学金の利用です。大学によっては優秀な生徒の学費負担をチャラにしてくれるところもあるからです。けれども奨学金の利用をおこなうためには、事前に多くの書類を集める必要があります。

万が一申請をおこなったからといっても、申請がすべて通るわけではありません。奨学金が取れると思っていたのに、その判定が覆されてしまったら為すすべも無くなってしまいます。このような時には、どうしたら良いのでしょうか。

カードローンという救いの手

奨学金の利用ができないとき、奥の手として利用したいのがカードローンです。カードローンの良いところは、審査がスピーディ・入金もとても速いということです。お金が欲しいタイミングに指定の口座に振り込んでくれるため、可愛いわが子のための入学費用も短期間で用意することができます。

  • 手続きは難しくないの?

高校生をお子さんにもつ保護者の方たちの間では、カードローンの手続きって何だか難しそうだけれど…という声を聞くときもあります。カードローンの手続きは、実はとっても簡単。最近はテクノロジーが進化しているためスマホに必要な情報を入力して、免許証や保険証などの画像を送るだけで手続きが終わってしまうところもあります。

パソコン操作に慣れない方でも、わずか数分で必要な手続きを終え審査にのぞむことができるため、とってもラクチン。自治体や各大学に申請する「奨学金申請の書類」と比べてみると、圧倒的に手続きの量が少ないことがわかります。

  • ご近所の方にバレないの?

子供の学費を工面するためにカードローンを利用する…こんなの恥ずかしくってご近所さんに顔が立てられない。

そう心配しているママやパパはいませんか?確かにご近所さんのウワサ話のことを考えると、うかつに借金に手を出すことはできないもの。もしバレてしまったら子供にも、可哀そうな思いをさせるのではないか…と不安になることもあります。

けれども、ちょっと待ってください。今や日本人の数人に1人は、当たり前のように金融機関からお金を借りている時代。マンションや戸建て住宅を購入するときには住宅ローンを。ファミリー用のクルマを買うときには、車用のローンを組んでそれぞれお金のやり繰りをおこなっています。

お子さんの大学費用のために借金をおこなうことは、そんなに恥ずかしいことなのでしょうか。もちろん各金融機関はプライバシー保護のために「あなたがお金を借りている秘密」をとことん守ってくれます。あなたが自分から大きな声で「子どもの学費をカードローンで工面しました」と言わない限り、うるさいご近所さんに勘づかれることはありません。

どうぞ安心してお金を借りて欲しいと思います。

  • 返済はどうやってするの?

お子さんの学費を無事に借りられたら、今度は返していく方法も気になります。多くのカードローンの場合、会社が管理している自社ATMもしくはコンビニのATMで返済をおこなうことができます。コンビニのATMであれば全国どんな地方都市にいっても、街に数軒ある時代。

パートの帰りや会社へ行く途中に、買い物がてらさっと返済をおこなうことができて助かりますね。

  • 多めに返したいときは、どうしたらいいの?

カードローンを返済していくとき

「今日は少しお金に余裕がありそうだから、沢山返せそうだわ」と思うときがあります。

このようなときは、繰り上げ返済という方法がおすすめです。繰り上げ返済も、もちろん提携先コンビニのATMでおこなうことができます。沢山返してもらう分には企業にとっても助かるため、事前の申し込みは必要ありません。自分のペースにあわせてお子さんのために借りたお金を、コツコツ返していけるのがカードローンのメリットです。

まとめ

お子さんが大学に進学したいのに、入学金や授業料を用意できないと親として泣きたくなります。

  • 奨学金は当てにならない
  • スピーディを意識するならカードローン
  • ママ友にバレず親としてのプライドも守れる

こんなときにオススメしたいのが、カードローンです。大学や自治体の奨学金に比べて手続きの仕方はラク。最近ではネットのみで完了するケースも増えています。

個人情報に配慮されるためご近所さんに「お金を借りていること」がバレる心配もありません。お子さんの夢を叶えてくれるのが、カードローン。足りないをサポートしてくれる、ママとパパのためのお助けアイテムです。

関連記事

このページの先頭へ