横浜銀行カードローンは年金生活者も専業主婦も申し込める!ATM手数料も無料!

地銀最大規模、横浜銀行の商品であるカードローンをご紹介します。

銀行カードローンとしては十分な内容を持った商品です。

この商品は、申込に当たって居住地域制限があるのでご注意ください。

神奈川県民と東京都民、およびそれらの地域に勤めている人以外でこの商品を申し込めるのは、わずかに支店のある群馬県前橋市、高崎市、桐生市在住の人だけです。

申込可能年齢は、20歳から69歳で、安定した収入のある人とその配偶者です。学生不可です。

横浜銀行カードローンの金利と限度額

横浜カードローンの金利は、年1.9%~14.6%です。

金利はどんなローンでも、上限の数字のほうを確認しましょう。14.6%は、銀行カードローンとしてはごく一般的な数字です。

便宜上、100万円を1年借りっぱなしにしたときの利息が146,000円となります。

それから利用限度額は、10万円~1,000万円となっています。こちらは下限を見ましょう。利用限度額と金利との間には、密接な関係があります。

利用限度額が100万円を超えた場合、金利は11.8%に下がります。

さらに、限度額が200万円を超えますと、8.8%とかなりの低金利になります。

このあたりなら、サラリーマンとして現実的な目標になりやすいでしょう。

利用実績(借入れと返済)があれば、限度額を上げてもらえることがあります。

横浜銀行カードローンは年金収入車でも専業主婦でも申し込める

横浜銀行カードローンにおいて利用者に求められる「安定した収入」の中身は、年金収入でもOKとなっています。

また、自らに収入のない専業主婦(夫)でも申込OKなのもメリットです。

消費者金融では現在、自らの収入のない主婦は、原則申込不可能となっています。

銀行カードローンにはこのような制限はないものの、専業主婦の申込ができる商品は減少しつつあります。

横浜銀行カードローンならコンビニATMの手数料無料

横浜銀行カードローンは、コンビニのATMでほぼ利用手数料0円です。

セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行、イーネットが対象ですので、大手ならほぼ対象です。

横浜銀行口座があれば、Web申込OK

横浜銀行に口座のある人なら、カードローンはWebから申し込めます。

書類の提出も、アップロードするだけです。

横浜銀行の普通預金口座のない人も申し込みはできますが、Webでの完結はできません。

Web上で作成した書類を郵送する必要があります。または電話での申込みです。

カードローンの審査に通った場合、利用開始に当たっては必ず普通預金口座を作成する必要があります。

毎月の定例返済は、必ず普通預金口座からの引落しとなります。

横浜銀行カードローンの保証会社はプロミス

横浜銀行カードローンには、保証会社としてSMBCコンシューマーファイナンスが入ります。消費者金融プロミスの運営会社です。

実質的には審査の大部分を、大手消費者金融のプロミスがおこなっていると考えられます。消費者金融は審査ノウハウを豊富に持っているからです。在籍確認の電話を掛けてくるのもプロミスの人です。

保証会社は、カードローン利用者に延滞があった場合、利用者に替わって銀行に弁済する機能を持っています。だから、銀行としても安心して融資を行えるというわけです。

カードローン審査の最後には在籍確認

カードローンの審査の最後に、在籍確認があります。

在籍確認は、申込者の勤務先に対して電話でおこなわれます。申込フォームに記載された勤務先に、申込者が在籍していることを確認すればそれで終了です。

本人が電話口に出られる場合は、電話を替わって終了ですが、不在でも会社に在籍をしていることが確認できればそれでおしまいです。

在籍確認の電話は、担当者の個人名で掛かってきます。

銀行名を名乗ってくれたほうが助かるでしょうが、銀行員が掛けているわけではありません。

横浜銀行カードローンの借入れ方法

カードローンの審査が完了しますと、専用カードが自宅に届きます。

借入れ方法は、ATMとインターネットバンキングです。

すでに普通預金口座を持っている人は、インターネットバンキング「はまぎんダイレクト」で、借入れ可能です。

横浜銀行カードローンの返済方法

借り入れた後は、確実な返済が必要です。

横浜銀行カードローンは、毎月10日に自動引落しにより返済します。

定例返済の額は、借入残高により自動に決まります。

随時返済は、ATMでの入金、または「はまぎんダイレクト」でおこないます。

まとめ

地方銀行の雄、はまぎんこと横浜銀行のカードローンの特徴を見てきました。

ごく一般的な内容の商品ではありますが、年金OK、専業主婦OK、ATM手数料無料などの地味なメリットがあります。

神奈川・東京にお住まい、またはお勤めの方なら検討してみてはいかがでしょうか。

ATMとインターネットバンキングが便利なので、横浜銀行が近くになくても検討に値します。