借りちゃうと超危険!悪徳消費者金融を見分ける時に確認したいポイントは?

消費者金融は審査が即日回答なので申し込みをした日にお金を借りる事が出来ます。

金欠の状態になっている時は申し込みをしてから1時間から2時間ぐらいでお金を借りたいものなので消費者金融を利用する人も少なくないでしょう。

最近ではスマホの普及によりWEB完結でお金を借りる事も出来るようになっていてすごく便利です。

しかし消費者金融は悪徳業者も存在しているので選ぶ時は注意しなければいけません。そこで悪徳消費者金融の特徴を紹介していくので確認していきましょう。

最高金利が20%以上で設定されている

キャッシングをする時は金利が発生するのでお金を借りると利息が加算されていきます。消費者金融は最高金利が大手だと18%、中小だと20%で設定されている事が多いです。しかし消費者金融によっては30分以内で融資可能だけど最高金利が20%以上になっている事があります。金欠の状態になっている時は早くお金を借りたい気持ちが強くなるので金利の設定よりも30分以内で融資可能の方が印象に残ってしまいます。それで業者と契約してしまいお金を借りてしまうケースもありますが、悪徳業者なので注意しなければいけません。貸金法で最高金利は20%を超えてはいけないと定められているので20%以上で設定されている場合は違反している事になります。このような業者を利用すると返済するのが困難になって債務整理をしなければいけなくなるので絶対に契約しないようにしましょう。

審査なしで借入可能

消費者金融にキャッシングの申し込みをすると最初に審査が行われます。審査が可決される条件は20歳以上で安定した収入を得ている、他社からの借入件数が3件以下、信用情報がしっかりしているなどがあります。条件に満たしていれば審査が可決されますが、満たしていなくて否決になってしまう事もあります。審査は誰でも可決されるわけではないので審査なしでキャッシングしたいと考えてしまいでしょう。そのような心理を悪徳業者はしっかり突いてきます。消費者金融の中で審査なしで借入可能と宣伝している事があります。しかし審査なしだと業者側の方がリスクが高くなってしまうので不自然です。このような場合は借入条件がすごく悪くて裏がある事も多いです。審査なしで借入可能になっている消費者金融は悪徳業者と判断して契約しないようにしましょう。

ホームページの業者の情報が少ない

消費者金融はホームページにサービス内容と業者の情報を記載しています。サービス内容に関してはどの業者も記載されている事が多いです。しかし業者の情報に関しては記載の仕方が異なる部分も多いです。大手の優良業者だと住所、電話番号などがしっかり記載されています。しかし悪徳業者は利用者を騙そうとしているので住所を記載していなくて電話番号も携帯電話にしている事が多いです。このようにホームページを見た時に業者の情報が少ない場合は悪徳業者だと判断して契約しないようにしましょう。

年収より3分の1以上の借入が可能

以前は年収に見合わない借り入れをして返済するのが困難に名てしまう人がたくさんいました。それで債務整理の需要が高まってしまい問題にもなっていました。その影響で政府が総量規制を作って年収より3分の1以上の借入をするのを貸金業者に禁止するように指示しています。消費者金融は総量規制の対象になっているので基本的に年収の3分の1以上の借入をする事は出来ません。しかし悪徳消費者金融は利用者を騙そうとしているので年収の3分の1以上の借入も可能となっています。政府が禁止している事に反しているのでこのような業者は絶対利用してはいけません。年収より3分の1以上の借入が可能と宣伝している消費者金融とは契約しないようにしましょう。

都道府県の登録番号が記載されていない

貸金業を営む時は都道府県から営業の許可を得なければいけません。営業の強化を得ると登録番号が発行されるのでホームページにもしっかり記載されています。消費者金融のホームページを確認して都道府県の登録番号が記載されていたら営業の許可を得ている事になります。しかしホームページを確認しても都道府県の登録番号が記載されていないもあります。このような消費者金融は都道府県から営業の許可を得ていない可能性が高いです。悪徳消費者金融の可能性も出てくるので注意しなければいけません。ホームページに都道府県の登録番号が記載されていない消費者金融とは契約しないようにしましょう。

手続きの方法がアナログな場合も要注意

最近ではスマホが普及しているので消費者金融で行う手続きもネットで出来るようになっています。しかし消費者金融によっては常に電話などアナログな手続き方法になっている事もあります。このような業者も実は悪徳消費者金融の可能性が高いので契約しないようにしましょう。

まとめ

悪徳消費者金融の特徴はこのようにたくさんあります。一つでも該当していたら悪徳消費者金融と判断してキャッシングの申し込みをするのを止めましょう。また悪徳消費者金融は中小の多い傾向があります。中小の消費者金融は借入条件があまり良くなくて返済する時にすごく大変になるとも言われています。キャッシングをする時は返済の事もしっかり考える必要があるので借入条件が良い大手の消費者金融を利用するようにしましょう。

このページの先頭へ