お急ぎの方 初めての方 金利が低い 専業主婦 無利息期間あり 最大限度額が高い 銀行カードローン おまとめ借り換え レディースローン

どうしてもお金が必要っていうとき誰にでもあると思います。そんなとき、頼りになるのはキャッシングやカードローン。でも、正直ちょっと抵抗があるという人多いと思います。

このサイトでは、数あるキャッシング・カードローンの中から、自分の目的に合ったサービスを見つけることができるように分かりやすく解説しました。

新着記事

キャッシングとは?

キャッシングとは?

まだキャッシングを利用したことがない人には、「キャッシング」がどういったものなのか、はっきりとイメージがつかめないのではないでしょうか?

「キャッシング」とは、お金を借りるサービス全般のことを指しますが、中でも特に「無担保で使い道が自由な借金全般」をいう場合が多いです。

反対に、担保を取ったり、使い道が決められている借金として、住宅ローンやマイカーローン、旅行ローンなどがあります。それらは「キャッシング」と区別して「目的別ローン」と呼ばれます。

ここでは、無担保で使い道が自由なキャッシングサービスについて解説します。

ローンカードが発行されるキャッシング「カードローン」

キャッシングは更に、ローンカードが発行されるものとされないものに分かれます。

ローンカードが発行されるキャッシングサービスは、「カードローン」と呼ばれます。ローンカードはATMで現金を借りたり返したりするときに使います。

一方、ローンカードが発行されないキャッシングサービスの場合は、契約時にいくら借りて、毎月いくら返済するかを決めてお金を借ります。以後は毎月決まった額を返済をするだけです。途中で追加のお金が必要になったときは、もう一本新規に契約を結ぶ必要があります。

ローンカードを発行しないキャッシングは、ほとんどが中小の貸金業者です。大手のプロミス、アコム、アイフル、モビットや銀行カードローンは、ローンカードを発行しています。銀行カードローンの場合、預金用のキャッシュカードがローンカードと兼用になることもあります。

カードローンのメリットは?

カードローンのように、ローンカードのあるキャッシングには、どんなメリットがあるのでしょうか。

カードローンは、契約で決められた限度額の範囲内で、お金を借りたり、お金を返したりが、ATMを使ってほぼ24時間いつでもできます。

あと3日でお給料が入るのに、今日どうしてもお付き合いの飲み会がある。冠婚葬祭で急な出費がある。デートでプレゼントが買えない。帰省する交通費が足りない。。。

そんなとき、わざわざ追加の契約を結んでお金を借りる手間がありません。カードローンなら、ATMに行ってまるで自分の預金からお金を引き出すのと同じ要領ですぐにお金を借りることができるのです。

また、お金に余裕が出たときやボーナスが出たときに、毎月の返済とは別にATMで追加返済することもできます。

カードローン以外のキャッシングサービスでは、こういったことが全て面倒な手続きをしなければできないのですが、ローンカードがあることで簡単にできるのが大きなメリットです。

キャッシング付きのクレジットカードとの違い

クレジットカードを作ったら勝手にキャッシング機能も付いていたなんてことありませんか?

クレジットカードのキャッシング機能とカードローンはどう違うのでしょうか。

返済方法が違う

カードローンでは、借りたお金を毎月分割で返済するリボルビング払いが基本ですが、クレジットカードでは、翌月一括払いが基本となります。

ただ、最近ではカードローンと同じように毎月一定額のリボルビング払いで分割返済できるクレジットカードも多くなっています。

ATMからの返済はできない

クレジットカードのキャッシング機能は、カードローンと同様にATMでお金を借りられますが、ATMを使っての返済が出来ません

ATMからの返済ができる利点は、例えば、お金に余裕が出たときに毎月の定額返済の他に追加で返済することで早く借金を減らすことができることです。

しかし、クレジットカードのキャッシングでは、追加の返済はカード会社に連絡して繰り上げ返済の手続きをしなければならず面倒です。ATMでサクッと返済できるカードローンの方が便利と言えます。

カード発行に時間がかかる

キャッシング機能のついたクレジットカードは審査に時間がかかります。中には1週間程かかる場合もあります。カードローンでは、消費者金融では審査は最短即日です。銀行カードローンでも最短翌日の審査が可能です。

クレジットカードでもショッピングセンターなどで発行されるカードは即日発行できる場合もありますが、キャッシング機能がついてないカードに限られる場合が多いようです。または、取り急ぎショッピングができる状態のカードを発行し、キャッシング機能は後日審査後に付くケースもあります。

キャッシングの申し込みと審査

カードローンは、50万円以下の限度額なら運転免許証など本人確認できる書類さえあれば申込みができます。保証人や担保は必要ありません。

消費者金融のカードローンなら、審査から融資まで最短即日で借りられます。急にお金が必要になったとき、消費者金融のカードローンはとても便利です。

カードローンの申込みは、スマホやパソコンからWEBでできます。

本人確認書類も、アプリやメール、FAXで送ればよく、どこかの店舗に出向く必要もありません。

ただし、ローンカードをすぐ手にしてお金を借りたい場合は、無人契約機に行って受け取る必要があります。

近くに無人契約機もないという場合は、ローンカードは郵送になりますが、即日お金が必要な場合は、振込融資でお金を受け取ることができます。

つまり、日本全国どこにいても、スマホ1つあれば申込みからお金を受け取る(振込で)までが完結します。

カードローンやクレジットカード以外のキャッシングについても、最近はWEBから申し込みができ、来店不要で即日振みでの融資が可能なサービスも増えています。

キャッシングの申込みの手続きについて

キャッシング・カードローンの申込みの手続きについて一般的な流れを説明します。

ここでは、インターネットからの申込みの場合で説明します。会社によって流れは若干異なりますが大まかな流れとして理解してください。

申込み

各キャッシング会社のウェブサイトから申込みボタンを押して申込みフォームに必要事項を記入して送信します。会社によって入力項目が違いますが内容としては大体同じで、氏名、住所、生年月日、勤務先、年収、他社借入件数・金額、家族構成...などです。

勤務先や年収、他社借入状況をうその申告をする人がいますが、個人信用情報機関で金融会社はお互いに情報共有しているのでバレる可能性が高いです。うそがバレると審査に通らないばかりか他社でも借りられなくなるので正直に申告しましょう。

審査結果を受ける

メールや電話で審査結果の報告があります。申込み時間や会社によっても異なりますが、早ければ30分以内に審査結果が来ることもあります。即日審査をしていない会社だと2〜3日かかる場合があるので急ぐ場合は即日審査に対応しているかよく確認しましょう。

尚、知らない番号からの電話には出ない人がいますが、本人確認を兼ねて電話してくる場合がありますから知らない番号でも必ず出るようにしてください。でないと審査には通りません。

在籍確認

勤務先に本当に勤めているか在籍確認の電話が勤務先にあります。会社にバレるのではと心配する人が多いですが、在籍確認の電話は個人名で電話してくるので安心してください。また、申込み本人が不在でも同僚などが「いま席を外しております」「外出しております」のように対応をすれば在籍していることになるので大丈夫です。

なお、土日や会社が休みの日の在籍確認はできないので翌営業日になってしまいます。ただ、どうしても今日お金が必要だということを伝えれば、金額にもよりますが在籍確認の前に融資してくれる場合もあります。

本人確認書類提出

運転免許証やパスポートなどの本人確認資料を送ります。送付方法は郵送やFAXの他、携帯やスマホで撮影してメールや専用アプリで送れる会社もあります。

また、本人確認書類だけでなく、借入金額や審査内容によっては、源泉徴収票などの収入証明書類の提出を求められる場合もあります。

契約

審査に通ったら次に契約をします。契約はパソコンやスマホで行う方法と、無人契約機で行う方法があります。パソコンやスマホで行う場合、ローンカードは後日自宅に郵送されてきます。また、当日融資を希望する場合はローンカードが届く前に振込みによる融資が可能な場合があります。ただ、振込みは銀行の振込み可能時間に制限されるので朝早くとか15時過ぎあるいは夜中だと振込みは翌営業日の扱いにってしまいます。

そんなときは、無人契約機が有利です。無人契約機では、その場でローンカードが発行され、そのカードですぐに借入をして現金を手にできます。どうしても急ぐ場合は無人契約機が便利ですね。ただ、無人契約機のない会社もあるのでよく確認しましょう。

また、無人契約機でカードを受け取れば自宅に郵送物は届かないので家族に内緒にしたい人にも便利です。

返済

返済は、毎月決められた日までにATMで入金するか、口座振替にしておけば自動的に引き落としされます。

提携ATM

一度ローンカードを手にすると、その後の借入や返済はコンビニにあるATMでもできます。そのカード会社の無人機でももちろんできますが、なかなか入りづらいものです。コンビニATMなら普通に銀行のカードを使ってるのと見た目は変わらないので堂々と使えますね。

キャッシングの審査について

キャッシングも申込みを行うと必ず審査があります。カードローンは申込者の信用をもとに無担保で保証人なしで現金が借りられるサービスなので、申込者がちゃんとお金を返済する経済力や資質があるのかどうか当然調べなければならないのです。ここでは、もう少し具体的にどんな部分を審査しているのか見ていきます。

個人信用情報機関への照会

あなたが申込を行うと、まず最初に調べられるのが個人信用情報です。個人信用情報機関は、金融会社各社が情報を共有しているもので、他社や過去のお金の借入状況や返済の遅れの情報などを調べる事ができます。また、住所や連絡先、勤務先などの情報も照合され、申請した情報に偽りがないかどうかも確認できます。

他社に多くの借金があったり、返済の遅れがあればそういう人にはお金は貸せないと判断できます。会社によってはウェブから申し込むと自動的に個人信用情報に照会をし融資可否が即座に表示されるようになっているものあります。ただ、個人信用情報だけで融資可能とは判断されません。どちらかというと融資不可能かどうかをふるいにかけるために使われます。

年齢

どの会社も申込み可能年齢を定めています。多くは20歳以上70歳未満ですが、上の年齢は多少違うので70歳前後の人はよく確認してから申し込みましょう。また、キャッシングの契約は1年更新になっており、上限の年齢に達した翌年は更新できません。その場合、新規の借入はできませんが返済は継続されます。

職業・収入

キャッシングの融資条件に「安定した収入のある方」と書いてあります。安定した収入とは、毎月だいたい同じだけの給料をもらっていて勤務機関も2〜3年以上ある場合を言います。

なので、勤続年数が長く、収入が高いほど返済能力が高いということになり審査に通りやすいと言えます。その中でも評価が高いのは正社員雇用で勤続年数が長く、収入も一般な水準より高い事です。

ただ、パートやアルバイトでは借りられないということではなく、お給料の高さより勤務年数が重用しされます。何より安定した収入というのが重要になります。ただ、収入があってもパートの主婦や学生には貸さない業者もあるので申込み前によく確認した方が良いでしょう。

それと、絶対に貸してくれないのは無職の人です。当然ですが収入がないので返済能力なしと見なされます。専業主婦は夫に安定した収入があれば貸してくれる会社はあります。消費者金融は法律で専業主婦には貸せませんが、銀行カードローンなら貸してくれる銀行はいくつかあります。

他社の借入れ状況

他社の借入状況は影響が大きい審査項目です。消費者金融では総量規制の法律によって他社も含め年収の1/3を超える貸し付けはできません。つまり他社に借入がある場合、それも合算して年収の1/3以内しか借りることができないということです。 ※住宅ローンや自動車ローンは総量規制の対象外ですので、計算に入れる必要はありません。

ただし、銀行カードローンは総量規制の対象外になるので年収の1/3を超えても貸せないということはありません。ただ、いくらでも貸してくれるというわけではなく、各行ごとに基準があり基本的に返済ができると判断されなければ融資は受けられません。銀行は審査が厳しいので逆に年収の1/3以下でも貸してくれないということもあります。

また、借入件数も重要です。3〜4社以上に借入があると借入金額に関係なく審査には通りにくくなります。複数の会社から限度額いっぱいで借りている人は、そのうち1社に限度額を増やしてもらう交渉をした方が得策だと思います。契約して半年ほど延滞なく返済していれば限度額を上げてもらえる可能性は高いです。

他社の借入状況で「延滞」があると悪い評価になります。やはり、きちんと返済できる人にしかお金は貸せませんから、過去に延滞したことがあると審査に通りにくいでしょう。1度くらいの延滞ならうっかりということもあると思いますが、2度3度ある人は新規での借入は諦めた方がいいと思います。

また、意外なところで携帯電話料金の未払いが原因で審査に落ちるということもあります。

携帯電話は2年間解約しないことを条件に端末代実質無料といった契約があります。実質無料の内容は、端末代金を2年間の分割払いにした上で毎月返済額と同じ金額を割引きするという仕組みでできています。(だから、途中解約すると割引がなくなり端末代金の支払いだけが残ります。) つまり、割引によって端末代は±0円になりますが、契約上はローンで毎月返済しているということになります。ローンなのでうっかり支払いを忘れると個人信用情報に「延滞」と記録されます。それが他社の審査に影響するのです。携帯電話料金をコンビニ払いにしておくとうっかり忘れてしまうこともあるので口座振替やクレジットカード払いにしておいた方がいいでしょう。

他社の借入状況の申告で一番やってはいけないのは借りているのに借りていないと嘘をつくこと。金融機関は個人信用情報を共有しているので調べればすぐにバレてしまします。 他社借入状況は必ず調べられるので正直に申告しましょう。

住所・居住年数

居住年数は意外と審査では重要な項目です。短期間で引越しを繰り返している人はそれだけ安定しない人という印象を与えてしまいます。長く同じところに住んでいる方が評価は高いです。また、賃貸よりも持ち家の方が評価は高いです。持ち家があるということは資産を持っていて居住地も安定していると見られるからです。更に住宅ローンのない持ち家は一番評価が高いです。家賃や住宅ローン返済の負担がなく、その分を返済に充てられるからです。

持ち家で住宅ローンを組んでいても総量規制の計算の対象外になりますが、住宅ローンの毎月の返済額が給与に占める割合が高いと、評価が下がることがあります。これは家賃でも同じことが言えます。給与に対して明らかに高い家賃の所に住んでいると評価が下がることがあります。

借入れ希望額

当然ですが、借入希望額が高い方が審査には通りにくくなります。例えば、いま必要なお金が30万円なのに、少し余裕があったほうがいいと思って100万円を希望すると、それが原因で審査に通らないこともあります。

借入希望額が少ない方が審査には通りやすいので、本当に必要な金額を希望するようにしましょう。それに、消費者金融の場合、50万円を超えると所得証明書の提出が求められるので余計な手間がかかります。

本当に100万円必要ならそう書くしかありませんが、通常、最初から高額の融資をしてくれる会社はありません。ある程度の期間、返済実績を積んでから限度額を上げてもらうというステップが必要です。

固定電話

現在は一人暮らしで携帯電話しか持っていないという人も多いので契約も可能ですが、固定電話があった方が評価は高いと言われています。これは、固定電話が実際にその住所に住んでいる証となるからです。また生活が安定しているという評価にもなります。

ただ、自分のいないときに家族が電話に出たらどうしようという心配もあるでしょう。でも安心してください。家の電話と携帯電話の両方を登録して、通常の連絡は携帯電話にしてほしいと伝えれば携帯に繋がらないといった事情がない限り家には電話しません。それに、そもそも支払いが送れる等の緊急自体でも無い限り連絡はしてこないと考えて大丈夫です。もし延滞したらすぐに自分から金融機関に電話するようにしましょう。

独身・既婚

結婚している方が生活が安定という点では評価が高くなりますが、奥さんが専業主婦だったり子供がいたりすると独身より出費が増えるので、逆に返済能力が少なく評価されることもあります。

専業主婦

専業主婦の場合は、配偶者に収入があれば融資可能という会社と、まったく貸せないという会社に分かれます。銀行は総量規制の対象外なので収入のない専業主婦でも銀行の判断で(夫に安定した収入がある等)貸してくれることもありますが、消費者金融では総量規制により無収入の主婦には貸す事ができません。夫に安定した収入があってもです。

また、専業主婦OKとしている銀行でも貸し出し上限額を通常より低く30万〜50万円程度にしていることが多いです。

キャッシングの限度額について

ここではキャッシング・カードローンの融資限度額について解説します。

限度額

カードローンにおいて限度額とは、借入れできる最大の金額を示し、契約時に利用限度額などの表記で示される金額の事を言います。 カードローンの場合、限度額が50万円だと、その範囲内で何度でも借入れが行えます。 借入れを行う場合、自分自身が借入れしたい金額と言うものがありますが、収入や借入れの履歴(過去や現在の借入れ)を参照し、審査によって限度額が決定されます。

返済実績によって変わる

契約する会社で初めて契約をする場合、収入や就業年数などを基に審査が行われますが、その際、他社の借入れがないか、過去の支払いで返済が滞ったことがないか、といったことも含め審査が行われます。 一般的に何度が借入れがあり、その返済を滞ることなく返済してある実績があると、限度額は収入に応じて高くなると言われています。これは金融機関が他社の借入れなどの情報を調べられるからで、初めて契約する会社であってもその履歴は把握されていると認識しておきましょう。 限度額の決定に関してはビジネスにおける返済実績に似ている面があり、まったく借入れも返済も経験がない人より、着実に返済実績のある人の方が信用は高くなるようです。

極度額という契約方式

極度額は利用限度額と似ていますが、契約上、最大で融資を受けることができる最高金額を指します。 これに対し、利用限度額は実際に借入れできる金額を指し、極度額300万円、利用限度額100万円と言ったように契約書に記載されたりします。 契約金額が大きい場合、利用限度額が最初から極度額に設定されることは少なく、返済実績など契約者の信用に応じて増えたりします。

極度額契約で低金利で借り入れる

限度額契約の中でも、実際に借入額がいくらでも契約した極度額での金利が適応されるという仕組みをとる会社も増えてきています。 この場合の利点はたとえ5万円の借入れであっても、契約が200万円であれば、その金利が適応される点で、仮に100万円での金利が14%。200万円での金利が8%だったとすると、5万円借入れ時も8%の金利で済むのです。 ただし、極度額の契約を実際に借入れがなくとも「借入れ」とみなし審査をする金融機関もありますので、状況に応じた契約をするよう注意しましょう。

キャッシングの返済について

金融業者各社は、利用者が無理なく返済できるように、いろいろな返済方法を用意しています。ここでは主な返済方法について解説します。

店頭窓口

直接店頭に出向いて返済します。

ATM

全国に設置された専用ATMから返済します。 多くは各社ホームページ上で設置場所を確認できます。店頭窓口にも大抵併設されていて、24時間365日利用が可能です。

コンビニエンスストア

ローソンやセブンイレブンなど、全国のコンビニ設置のATMから返済します。コンビニですので、基本的には24時間365日利用可能です。

提携CD・ATM

都市型銀行や信託銀行など、アコムが提携している金融機関などのCD・ATMから返済します。提携先金融機関は、大抵ホームページ上で確認ができるほか、CD・ATMに直接ステッカーが貼られ、利用可能であることが促されています。

指定口座への振込

指定の銀行口座へ振り込みをし、返済します。 利用している支店により口座が異なる場合がありますので、事前に確認が必要です。

上記の返済方法は代表的な返済方法をまとめたものですが、例えばコンビニでの返済ができなかったりと会社によって用意している返済方法は異なります。 また、支払日や支払周期も会社によりまちまちです。ある程度決められた日から選択する、もしくは利用者が自由に毎月の返済日を決定できる場合もあります。

キャッシングの利息について

カードローン・キャッシングで借りたお金は、必ず利息を付けて返済しなければなりません。

いま借りている借入残高に応じて、毎月の返済額は決まってきますが、その返済額の内訳は、

返済額 = 元本返済分 + 利息

です。 また、利息は元本に金利をかけて算出します。

利息 = 元本 × 金利

金利が高ければ当然利息も高くなります。

だから、金利が高いか低いかはとても重要です。

お金を借りるときは、とにかく借りれるかどうか、審査が通るかどうかを心配する人が多く、金利のことなんて考えないという人が多いのですが、高い金利で借りてあとで後悔しないように金利のこともよく考えた方がいいです。

幸い、現在の日本では、利息制限法や貸金業法のおかげで金利の上限が決められていますので、とんでもなく高い金利で借りてしまうということはなく、記入業者間でもそれほど金利に差が無いという状況になっています。

ただ、一部の金融庁に登録していない闇業者は法律を無視した高い金利で貸すことがありますので、そういった業者に騙されないように注意した方がいいです。特に、大手業者に断られて借りるところがなく困っている人は、こういった業者に引っかかってしまうので注意してください。一般に名の知れた大手業者であれば安心して借りられます。

カードローン金利は、表面金利ではなく実質金利が大事

テレビCM、街頭広告、ローンの申込書。世の中のいろんな場所で、金利というものを目にすることが出来ます。

これらの金利のことを「表面金利」と分類することが出来ます。表面金利とは、借りたお金に課せられる金利のことです。100万円を1年間借りて利息が1万円なら、表面金利は1%ということになります。

現実世界での金利は「実質金利」

お金を借りる時にかかるコストは金利ばかりではありません。住宅ローンの場合には、事務手数料、登記費用、保証料、保険料などのコストがかかります。こうしたコストも金利と見なして実際に払うことになる金利を割り出したものが「実質金利」と呼ばれます。

実質金利はケース・バイ・ケースであることと、安い金利をアピールする上でマイナス要因となるために、世の中で見られる金利は表面金利ばかりとなるわけです。

カードローンの場合、金利以外にはATM利用手数料がかかります。新規借り入れの場合ばかりでなく、繰り上げ返済の場合にもかかるようになりました。自動引き落としによる返済の場合にはかかりません。

ATMで少額を何度も利用するような利用方法の場合には、実質金利も上昇していくことになるので注意が必要です。

銀行系カードローンならば、低金利で借りられる?

カードローンには、銀行系と非銀行系があります。銀行系カードローンには、銀行が直接融資を行うものと、銀行傘下のグループ企業が融資を行うものがあります。

非銀行系は、クレジットカード会社や消費者金融があります。クレジットカード会社はカードローン事業にはあまり積極的でないように思えます。クレジットカード自体にキャッシング機能があるためで、自社サービス同士で競合してしまうためです。

銀行系カードローンは審査が厳しいのが特徴です。その代わり、審査に通った後は低金利で融資が受けられます。

銀行系の中には消費者金融のような会社がある

銀行系と言っても、銀行のグループ会社が行っているサービスには消費者金融のような特徴も持ったものが少なくありません。

それもそのはず、かつて消費者金融だった会社があるからです。規制が厳しくなって業績が悪化したため、銀行グループの買収されたり救済されたりして銀行グループに入ったのです。

そうした会社が行うサービスの特徴は、早い審査、早い融資実行、高い金利が特徴です。まさに、消費者金融の特徴そのものです。こうした会社のカードローンは、少額融資をスピーディに受けるのに適しています。

銀行系カードローンと言っても、必ず低金利というわけではないのです。

消費者金融カードローンは金利が高め

消費者金融系カードローン、カードローンというよりもキャッシングと言ったほうがしっくりくると思いますが、とにかく審査が早いので、急に資金が必要になった人にとっては力強い味方です。ですが、金利が高めなのが玉にキズです。

さらに、審査が早いということと、金利が高いということは切っても切れない関係にあり、如何ともし難い状況でもあります。

高い金利で利用開始するのが消費者金融

現在、高収入があれば、消費者金融であっても低い金利で利用出来る可能性があります。高額の融資限度額を希望して、希望額の融資が無事受けられれば低い金利が適用される可能性はあります。

そうでない場合、つまり現在はそれほど収入が高くない場合は、少額融資からスタートせざるを得ません。年収の1/3までしか融資が受けられない総量規制がある上に、消費者金融の初回融資は総量規制よりはるかに低い額しか認められないことが多いのです。

消費者金融の金利を下げることはできる?

そのような消費者金融ですが、利用実績を上げることで、融資限度額を増やせる可能性があります。もちろん、総量規制の範囲内でのことですが、借りてしっかり返済するということを数多くこなせば、増枠の申し込み時審査に通るようになります。

利息制限法では、融資額が増えごとに上限金利を下げなくてもいけないことになっています。そのため、増枠することによって、より低い金利が適用される可能性があるのです。

消費者金融カードローンだけのワザ、無利息キャッシング

消費者金融系カードローンには「無利息キャッシング期間」を設けている業者があります。この無利息キャッシング期間を上手に活用すれば、実質金利を下げることができます。

全ての消費者金融で行っているわけではないのですが、短いものでは一週間程度、長いものになるとなんと1ヶ月間程度、一切の利息がかからなくなります。たとえ1ヶ月間でもキャッシング額によっては数千円程度の金利が浮く可能性があります。

ただし、1契約あたり1回しかこのサービスを利用できない場合がほとんどなので注意が必要ですが、無利息期間を超えた後から金利がかかり始めるだけなので、利用に際してデメリットはありません。

完済した後は、無利息キャッシングがある他の消費者金融カードローンを申し込むという使い方もありでしょう。

また、プロミスはポイント制度があって、キャッシングの利用に応じたポイントが貯まると、何度でも無利息期間を利用できるという他社にはない特徴があります。

カードローン・キャッシング絞り込み検索

最大限度額
下限金利
審査時間
融資までの目安
ローンの特徴から選ぶ
(複数選択可)
こだわり検索
(複数選択可)
コンビニ等設置の
主な提携ATM
(複数選択可)

この条件で絞り込み検索

人気のキャッシング・カードローンをご紹介

プロミス

カードレスもできて家族にばれない!女性の方はこちら!
プロミス

プロミスは実はカードレスも選べます。カードレスでお金を借りるにはスマホを使います。スマホでプロミスのWEBで振込依頼をするか、セブン銀行ATMでスマホに表示されるQRコードをかざすことで現金が出てきます。カードレスなら不用意に家族にバレる心配もないから安心ですね。その他、プロミスなら30日間無利息サービス(※1)や、最短1時間融資も可能なので急ぎでも助かります!(※2)。※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要 ※2 申込み時間帯によっては難しい場合あり

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※2 申込み時間帯によっては難しい場合あり
金利年4.5% ~ 17.8% 限度額最高 500万円
即日審査
最短1時間
最短即日融資
申込み時間帯によっては難しい場合あり
パート・アルバイト 専業主婦
コンビニ等設置の
主な提携ATM
セブンイレブン E-net ローソン イオンバンク
提携ATM手数料無料三井住友銀行の利用が無料
金利年4.5% ~ 17.8%
限度額最高 500万円
即日審査
最短1時間
最短即日融資
申込み時間帯によっては難しい場合あり
パート・アルバイト
専業主婦
コンビニ等設置の
主な提携ATM
セブンイレブン E-net ローソン イオンバンク
提携ATM手数料無料三井住友銀行の利用が無料

無利息サービス有り!

無利息期間30日間
条件メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をすること
回数最初の1回とポイントが貯まれば何度でも

公式サイトはこちら

SMBCモビット

WEB完結申込みなら電話連絡なし、郵送物なし!
SMBCモビット

モビットは消費者金融としては金利が低く(3.0% ~ 18.0%)、限度額も高い(最大800万)のが特徴です。「WEB完結申込」なら電話連絡や郵送物もなく更にカード発行もありません。だから、会社や家族にバレる心配がありません。また、カードが無くてもスマホでATMが使えるのは他社には無い画期的なサービスです。

金利年3.0% ~ 18.0% 限度額最高 800万円
即日審査 最短即日融資
申込の曜日・時間帯によっては翌日以降になる場合あり
パート・アルバイト
安定した収入がある方
専業主婦
コンビニ等設置の
主な提携ATM
セブンイレブン E-net ローソン イオンバンク
金利年3.0% ~ 18.0%
限度額最高 800万円
即日審査
最短即日融資
申込の曜日・時間帯によっては翌日以降になる場合あり
パート・アルバイト
安定した収入がある方
専業主婦
コンビニ等設置の
主な提携ATM
セブンイレブン E-net ローソン イオンバンク

公式サイトはこちら

横浜銀行カードローン

返済は月々2,000円から
横浜銀行カードローン

神奈川,東京,群馬(前橋市,高崎市,桐生市)に在住または在勤の方限定になりますが、金利年1.9%〜14.6%、借入限度額最大1,000万円と魅力あるカードローンです。 申し込み時に口座は不要ですが契約までに口座開設が必要です。口座開設は「横浜銀行口座開設アプリ」で申し込めば1〜2週間程度、来店すれば即日口座開設が可能です。 もし口座を持っていれば最短翌日融資も可能です。申し込みはWEBから可能で来店不要。専業主婦年金生活者も申し込むことができるので幅広い層に便利なカードローンです。

金利年1.9% ~ 14.6% 限度額最高 1000万円
即日審査× 最短即日融資×
パート・アルバイト 専業主婦
コンビニ等設置の
主な提携ATM
セブンイレブン E-net ローソン イオンバンク
金利年1.9% ~ 14.6%
限度額最高 1000万円
即日審査×
最短即日融資×
パート・アルバイト
専業主婦
コンビニ等設置の
主な提携ATM
セブンイレブン E-net ローソン イオンバンク

公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローン

口座がなくても大丈夫!
三井住友銀行カードローン

三井住友銀行の口座がなくても来店不要で24時間WEB申込みが可能!もし既に口座とキャッシュカードを持っていればWEB完結で契約でき、いま持っているキャッシュカードがそのままローンカードとして兼用できます。しかも金利は年4.0%〜14.5%と低め、限度額は10〜800万円と銀行ならではの余裕のスペック!借入れ残高が10万円以下なら月々の返済額は2,000円〜!三井住友銀行ATM・提携コンビニATMの手数料無料!

金利年4.0% ~ 14.5% 限度額10〜800万円
即日審査- 最短即日融資-
パート・アルバイト 専業主婦
コンビニ等設置の
主な提携ATM
セブンイレブン E-net ローソン イオンバンク
金利年4.0% ~ 14.5%
限度額10〜800万円
即日審査-
最短即日融資-
パート・アルバイト
専業主婦
コンビニ等設置の
主な提携ATM
セブンイレブン E-net ローソン イオンバンク

公式サイトはこちら

アコム

融資まで最短1時間!30日間金利ゼロ!クレジットカード一体型!
アコム

3項目の入力で3秒診断!事前シミュレーションですが基本的に借り入れ可能かどうかが簡単にわかるので便利です。また、即日借り入れ(最短1時間)も可能です。(審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。※借り入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要な場合もあり。

金利年3.0% ~ 18.0% 限度額最高 800万円
即日審査 最短即日融資
平日の14時までに審査完了することが条件
パート・アルバイト 専業主婦本人に安定した収入があれば利用可能
コンビニ等設置の
主な提携ATM
セブンイレブン E-net ローソン イオンバンク
金利年3.0% ~ 18.0%
限度額最高 800万円
即日審査
最短即日融資
平日の14時までに審査完了することが条件
パート・アルバイト
専業主婦本人に安定した収入があれば利用可能
コンビニ等設置の
主な提携ATM
セブンイレブン E-net ローソン イオンバンク

無利息サービス有り!

無利息期間30日間
条件はじめて利用の方
回数最初の1回

公式サイトはこちら

借入シミュレーション

借入診断

ページの先頭へ