限度額について

ここではキャッシング・カードローンの融資限度額について解説します。

限度額
カードローンにおいて限度額とは、借入れ出来る最大の金額を示し、契約時に利用限度額などの表記で示される金額の事を言います。 カードローンの場合、限度額が50万円だと、その範囲内で何度でも借入れが行えます。 借入れを行う場合、自分自身が借入れしたい金額と言うものがありますが、収入や借入れの履歴(過去や現在の借入れ)を参照し、審査によって限度額が決定されます。

返済実績によって変わる
契約する会社で初めて契約をする場合、収入や就業年数などを基に審査が行われますが、その際、他社の借入れが無いか、過去の支払いで返済が滞ったことが無いか、といったことも含め審査が行われます。 一般的に何度が借入れがあり、その返済を滞ることなく返済してある実績があると、限度額は収入に応じて高くなると言われています。これは金融機関が他社の借入れなどの情報を調べられるからで、初めて契約する会社であってもその履歴は把握されていると認識しておきましょう。 限度額の決定に関してはビジネスにおける返済実績に似ている面があり、まったく借入れも返済も経験が無い人より、着実に返済実績のある人の方が信用は高くなるようです。

極度額という契約方式
極度額は利用限度額と似ていますが、契約上、最大で融資を受けることができる最高金額を指します。 これに対し、利用限度額は実際に借入れ出来る金額を指し、極度額300万円、利用限度額100万円と言ったように契約書に記載されたりします。 契約金額が大きい場合、利用限度額が最初から極度額に設定されることは少なく、返済実績など契約者の信用に応じて増えたりします。

極度額契約で低金利で借り入れる
限度額契約の中でも、実際に借入額がいくらでも契約した極度額での金利が適応されるという仕組みをとる会社も増えてきています。 この場合の利点はたとえ5万円の借入れであっても、契約が200万円であれば、その金利が適応される点で、仮に100万円での金利が14%。200万円での金利が8%だったとすると、5万円借入れ時も8%の金利で済むのです。 但し、極度額の契約を実際に借入れがなくとも「借入れ」とみなし審査をする金融機関もありますので、状況に応じた契約をするよう注意しましょう。



このページの先頭へ